女優・黒木華さんと言えば、「昭和顔」のかわいい、独特の存在感のある女優さんです。

白髪のことが話題になり、ハーフという噂もあるようですが…?

その黒木華さんについて、結婚や旦那、高校大学や事務所、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

黒木華さんのプロフィール

名前:黒木華(くろき はる)
出身地:大阪府
生年月日:1990年3月14日
年齢:27歳(執筆時)
身長:164cm
血液型:B型
学歴:追手門学院高等学校、京都造形芸術大学芸術学部映画学科俳優コース卒業
職業:女優
所属事務所:パパドゥ

黒木華さんは1990年大阪府生まれ。

よく間違われるようですが、名前の読みは「くろき はる」です。

高校時代は演劇部に所属し、1年生から主役を務めるなど、早くから独特の存在感を放っていたようです。

高校卒業後は京都造形芸術大学の芸術学部映画学科俳優コースに進学。

大学在学中の2009年に演出家の野田秀樹さんのワークショップに参加。オーディションに合格し、NODA・MAPの公演にアンサンブルとして出演、デビューを果たします。

※アンサンブル…演劇で「役名のない登場人物」を指す

その後、劇団「Youth Theatre Japan」に所属し、ミュージカルに出演。

2011年の小林聡美さん主演の映画『東京オアシス』にメインキャストとして映画デビュー、翌12年にアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』で声優デビューを果たします。

(『東京オアシス』より)

2013年にはNHK連続テレビ小説『純と愛』、『リーガルハイ』などのテレビドラマでレギュラー出演。

同年は、さらに綾野剛さんとW主演した初主演映画『シャニダールの花』や『舟を編む』『草原の椅子』『まほろ駅前番外地』など多くの話題作に出演。

(『シャニダールの花』より)

これらの作品での演技が評価され、

日本アカデミー賞
ブルーリボン賞
キネマ旬報ベスト・テン
日本映画批評家大賞
ヨコハマ映画祭
TAMA映画賞

など、数多くの映画賞で新人賞を受賞。2013年は大ブレイクの年となりました。

さらに2014年には松たか子さん主演の映画『小さいおうち』で、ベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

(『小さいおうち』より)

同映画祭はカンヌ、ヴェネツィアと並ぶ「世界三大映画祭」の一角として知られており、同賞を日本人最年少の23歳で受賞したことが大きな話題になりました。

なお、同作品では、日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞も受賞し、さらに翌15年にも『母と暮せば』で同賞を2年連続受賞。

これは余貴美子さん以来、史上2人目という快挙でした。

以後も、数多くのドラマ、映画、舞台に出演し、主演・助演にわたり、数多くのドラマ・映画賞を受賞。

日本のみならず、海外でも注目される、日本を代表する若手女優の1人として、大きな存在感を放ち続けています。

黒木華さんがハーフ?

黒木華さんについて、ハーフという噂があるようです。

この噂を知った時、個人的には少し驚きました。

と言うのも、黒木華さんは「昭和顔」とも言われ、古風で日本的な顔立ちと称されることが多いからです。

気になって調べてみたのですが、どうやら同姓同名の「黒木華」さんという日本とフィリピンのハーフモデルがいらっしゃるようなのです。

その黒木華(はな)さんのものとされる写真画像がこちらです。

ただし、女優の黒木華さんは「くろき はる」で、ハーフモデルの黒木華さんは「くろき はな」と読みます。

漢字だけでは区別がつかないので、こういう誤解が生じるのもやむを得ないかもしれませんね。

次ページ:黒木華さんの結婚、彼氏、旦那は?