カンゾー先生やモテキ、時効警察などで知られる麻生久美子さん。

結婚、夫や妊娠、子供、また、似てる芸能人などが話題です。また、子供時代は壮絶な過去があったみたいですね。

その麻生久美子さんについて、年齢や高校、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

麻生久美子さんのプロフィール

名前:麻生久美子(あそう くみこ)
本名:伊賀久美子(いが くみこ)旧姓平丸
出身地:千葉県
生年月日:1978年6月17日
年齢:39歳(執筆時)
身長:162cm
スリーサイズ:80-59-83
血液型:B型
学歴:千葉県立佐倉南高等学校卒業
現職:女優
所属事務所:ブレス

麻生久美子さんは1978年千葉県生まれ。

1995年に『全国女子高校制服コレクション』に応募し、グランプリを獲得。同年、映画『BAD GUY BEACH』で映画デビューを果たします。

麻生久美子さんは、元々アイドル歌手志望で、女優業にはあまり興味がありませんでした。

しかし、ある時マネージャーに、それが映画のオーディションであることを伏せられた上で、今村昌平監督作品『カンゾー先生』のオーディションに参加。

見事合格し、ヒロイン・万波ソノ子役を勝ち取ります。

この映画ではセミヌードとなる体当たりの演技が話題になりました。

麻生久美子さんは、この映画により日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を始め、数々の映画賞を受賞し、女優としての地位を確立。

しかし、その後も麻生久美子さん自身の中では、才能の限界も感じて女優をやめようと思っていた時期もあったのだそうです。

そんなときに、それまでとは違ったコメディタッチのドラマ『時効警察』に出演。

麻生久美子さんの人気はさらに高まり、また麻生久美子さん自身も演技の楽しさや難しさを感じ、モチベーションを取り戻すことができたといいます。

なお、同作品のサウンドトラック盤では、役柄である「三日月しずか」名義で歌手デビューを果たしています。

この『時効警察』が大きな転機となり、以後、麻生久美子さんは数多くの舞台、ドラマ、映画で活躍。

2008年には映画『夕凪の街 桜の国』で報知映画賞主演女優賞を受賞。

2009年には岩松了さん作・演出の『マレーヒルの幻影』で舞台作品にも進出。

さらに2015年には『怪奇恋愛作戦』でドラマ初主演を務めるなど、女優として第一線で活躍を続けています。

次ページ:麻生久美子さんの壮絶な子供時代、旦那・伊賀大介さん、子供、似てる芸能人