24時間テレビのドラマ『阿久悠物語』で話題の大作詞家・阿久悠さん。名曲のあまりの多さに、一体どれが最高傑作なのか?

その阿久悠さんの死因とは?また嫁や子供など家族、遺産、山口百恵さんとの関係などとともに調べてみました。

阿久悠さんのプロフィール

名前:阿久悠(あく ゆう)
別名義:多夢星人(たむせいじん)
本名:深田公之(ふかた ひろゆき)
出身地:兵庫県・淡路島
生年月日:1937年2月7日
没年月日:2007年8月1日(満70歳没)
学歴:明治大学文学部卒業
職業:作詞家、小説家、詩人、放送作家

阿久悠さんは1937年、兵庫県警の巡査だった父親の赴任地である淡路島で生まれます。

本名は「深田公之」ですが、作詞家としては「阿久悠」名義で活動。由来は「悪友」からというのはよく知られています。

明治大学文学部卒業後の1959年に広告代理店・宣弘社に入社し、コピーライター、CM制作を手掛け、1964年からは放送作家として活躍します。

1966年に退職後、放送作家・作詞家としての活動を本格化させ、以後数々のヒット曲を世に送り出します。

その曲数は5000を超え、ジャンルも歌謡曲、演歌からフォーク、アニメ、CMと幅広く手掛けています。

また、小説家としても、直木賞候補となり映画化もされた『瀬戸内少年野球団』、横溝正史ミステリ大賞受賞作『殺人狂時代ユリエ』、島清恋愛文学賞受賞作『詩小説』など、数多くの作品を生み出しています。

2001年に腎臓癌を患い、同年9月に摘出手術を受け、その後も治療を受けながら活動を続けていましたが、2007年8月1日に尿管癌のため亡くなります。70歳でした。

生前、その多年にわたる活動と功績により、菊池寛賞、紫綬褒章を受賞(章)し、また没後も、

・日本レコード大賞特別功労賞
・ゴールデン・アロー賞芸能功労賞
・旭日小綬章

などを受けています。

阿久悠さんの嫁

阿久悠さんは1964年、27歳の時に雄子さんという女性と結婚しています。

かつて勤めていた広告代理店・宣弘社で知り合ったそうで、職場結婚になります。

阿久悠さんはそのわずか2年後の1966年に退職し、作詞家・放送作家として活動していくことになりましたが、それもきっと、雄子さんの理解や支えがあってのことだったのでしょうね。

阿久悠さんの息子

阿久悠さんと雄子夫人の間には、深田太郎さんという息子さんがいます。

深田太郎さんは2017年現在で50代前半くらいで、早稲田大学を卒業後、現在は作曲家・ミュージシャンとして活動しているとのことです。

作曲家としては、声優の椎名へきるさん、女優の坂井真紀さんに楽曲を提供したり、父親の阿久悠さんと一緒に本田美奈子さんの楽曲を手掛けたこともあったそうです。

次のページ:阿久悠さんの印税・遺産がスゴい!なぜ山口百恵さんの曲を書かなかったのか?最高傑作の名曲とは?