里見浩太朗さんと言えば水戸黄門の助さん役、水戸光圀公をはじめ、数多くの時代劇で有名ですが、最近はリーガル・ハイや警視庁捜査一課9係/特捜9などの現代劇でもおなじみの存在です。

そんな里見浩太朗さんに亡くなった説が出回ったことがあるそうですが、なぜなのか?ご健在でテレビでもよくお見かけするのに、不思議でならないのですが・・・

その真相について調べてみました。

里見浩太朗さんのプロフィール

名前:里見浩太朗(さとみ こうたろう)
本名:佐野邦俊(さの くにとし)
出身地:静岡県富士宮市
生年月日:1936年11月28日
年齢:81歳(執筆時)
身長:173cm
血液型:A型
学歴:静岡県立富士宮北高等学校卒業
職業:俳優、歌手
所属事務所:株式会社 里見プロモーション

里見浩太朗さんの死去説はなぜ?

里見浩太朗さんを検索すると、なぜか「死去」とか「死亡」とか出てきます。

しかし、里見浩太朗さんは80歳を過ぎた現在もご健在で、2017年には『トットちゃん!』、2018年には『バイプレイヤーズ』『特捜9』『執事 西園寺の名推理』に出演するなど、バリバリの現役です。

こういう死去説が出回るのは、

  • 名前が似ている別人と間違えた
  • 顔が似ている別人と間違えた
  • 最近テレビに出なくなった

などが原因である場合があります。

例えば1番目で有名なのは志村けんさんです。1996年に突如死去説が出回りましたが、同姓同名の別人の訃報が新聞に載ったことがきっかけだったのだそうです(諸説ある)。

ちょうどその頃は、志村けんさんが低迷期だったと言われており、露出も少なくなっていたみたいですので、3番目の要因も複合しているかもしれませんね。

2番目は、亡くなった蟹江敬三さんに似ているということで、長塚京三さんの死去説が出回る、といったケースです(Twitterなどを見ると、このお二方を混同している人が本当に多い)。

里見浩太朗さんの死去説の真相は?

不謹慎でもあり、ご本人にとっては迷惑な話ですが、著名人の宿命とも言えるかもしれません。

なので、里見浩太朗さんに関しても、もしかしたら似たようなことがあったのかもしれない、と思って調べてみたのですが、いずれのケースにも当てはまらないようです。

真相はどうやら、過去にウィキペディアで里見浩太朗さんが逝去された、ということが書かれていたようなのです。

現在は編集されており、そのような項目は見当たらず、本当にそのようなことがあったかどうかは今となっては確認できませんでした。

それにしても、本当だとしたら大変な迷惑ですよね。それが故意でもうっかりミスでも、あってはならないことだと思います。

とは言え、ウィキペディアでなくても、通常のメディアでも死去の誤報が流れたりします。

最近でも、2018年2月19日早朝に、詩人の金子兜太さんの死去を時事通信社が報じており、その1時間後に誤報として取り消す、ということがありました(実際には翌20日に逝去)。

もちろん悪いのはそのような誤報を(過失であれ故意であれ)流す人なわけですが、一方で情報を受け取るこちら側も慎重にならなければならないのでしょうね。

「里見浩太朗さんの結婚は2回!前妻と現在の妻、息子など家族について」はこちら