田中裕子さんは若い頃からかわいい!色気の魅力も!

田中裕子さんを語る上では「色気」というのが欠かせないキーワードとなるようみたいですね。

田中裕子さんは80年代からその「色気」が話題になっていたようですが、特にそれがよく現れている出演作として、

サントリー『樹氷』CM
映画『夜叉』
映画『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』
映画『天城越え』

などがよく取り上げられるようです。

サントリー『樹氷』CM

「タコなのよ、タコ。タコが言うのよ。」というシュールなセリフで知られるCMです。

田中裕子さんの天然かつ不思議なキャラクターを前面に押し出した同CMは大成功を収め、売上は急上昇、また「タコ~」のセリフは流行語となりました。

映画『夜叉』

『夜叉』については、同作品の撮影を担当していた木村大作さんが後年、

「あの撮影の時、共演者もスタッフも、皆、田中裕子に惚れていた」

と振り返っていたのだそうです。

画面越しと現場の違いは、一視聴者の立場では想像するしかありませんが、現場は完成された映像作品と違って、演出や編集を経ていない、むき出しの現実です。

そんな中で、周囲にいた百戦錬磨の共演者やスタッフが皆惚れるくらいですから、田中裕子さんの放つ「色気」というものは本当に凄いものだったのでしょうね。

映画『天城越え』

この映画では、田中裕子さん演じる「大塚ハナ」が失禁する場面があります。

その場面の撮影の際、田中裕子さんは「仕掛けはいりません。自前でやります」と言い切っていたのだそうです。

さすがに実際の撮影では、仕掛けによって処理されていると考えられますが、田中裕子さんの女優魂を感じるエピソードです。

映画『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』

田中裕子さんは、この作品で共演した沢田研二さんと、後に結婚しています。

田中裕子さんと沢田研二さんの結婚について

次ページ:田中裕子さんの色気はどこから来る?