多岐川裕美さんの娘・華子さんの結婚、旦那、離婚

多岐川裕美さんと阿知波信介さんの間には、1988年に一人娘の華子さんが誕生しています。

華子さんのプロフィール

出身地:神奈川県
生年月日:1988年9月16日
年齢:29歳(執筆時)
身長:161cm
体重:43kg
スリーサイズ:98-58-87
血液型:A型
学歴:堀越高等学校卒業
現職:女優、タレント
所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

華子さんは1988年神奈川県生まれ。

両親の影響から芸能界を目指し、14歳の時に10社以上もの芸能事務所でオーディションを受けるも全滅。

それに気づいた母親の多岐川裕美さんの紹介で、その所属事務所であるトライストーン・エンタテイメントに所属することになります。

いわゆるコネ入社というやつですね。実際、当初の芸名も「多岐川華子」で、本人も母親のコネをフル活用していたことを認めています。

その3ヶ月後の2004年、15歳のときには「寿がきや」のCMに出演し、芸能活動を開始します。

2005年には写真集『Girl Friend』をリリースし、以後雑誌グラビアやCMなどで活躍。

2006年には『旅の贈りもの 0:00発』で映画初主演。

さらに『踊る!さんま御殿!!』などの数多くの人気バラエティ番組に出演するなど、女優として、タレントとして活躍します。

華子さんが結婚!それまで順風満帆だったが…

2010年には俳優の仁科克基さんと婚約を発表し、2011年1月11日に入籍。

仁科克基さんは1982年生まれで、華子さんの6歳年上です。

仁科克基さんは俳優の松方弘樹さんと女優の仁科亜季子さんを両親に持ち、華子さんと同じく大物芸能人の2世俳優です。

しかし、2012年10月にわずか2年足らずでスピード離婚。

離婚後は、手のひらを返したように「離婚話をする仕事」しか来なくなったのだそうです。

華子さんはそのオファーを断り続けたため、仕事がほぼゼロになり、ストレスから過食症となり、体重が10kgも増加。

2015年夏頃には芸能活動を辞めようとまで考えたそうですが、母親の多岐川裕美さんから、

「やっとスタート地点に立ったのに、努力もしないで、また逃げるの?」

と諭され、思いとどまります。

そして、母親をはじめ、成功している人はみな努力してきていることに思い至り、今までの自分の考え方、生き方を深く反省したそうです。

今までは母親の名前を利用していたが、これからはその内面を学ぼうと、芸名も「多岐川華子」から「華子」へと改名し、現在に至ります。

なお、華子さんは芸能活動を辞めようかと悩んでいた2015年夏ごろから、時給1150円で不動産事務のアルバイトを始めたのだそうです。

平均週3、多い時は週5で、1日8時間勤務とのことで、かなり本格的ですね。

自分が何不自由なく甘やかされて育てられた、世間知らずのお嬢さんであることをはっきりと自覚し、これから世間を知るために努力していく決意のようです。

人が変わっていき、成長していく姿はとても素敵で輝いていますよね。華子さんの今後もとても楽しみです。

次ページ:多岐川裕美さんの娘・華子さんの離婚の原因理由は?