六本木純情派やコーヒー・ルンバなどで知られる荻野目洋子さんの最大のヒット曲『ダンシングヒーロー』が最近再び大ブレイクしたことが話題です。

その荻野目洋子さんの今現在は?夫の辻野隆三さんとの結婚や馴れ初め、子供など家族、経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

荻野目洋子さんのプロフィール

名前:荻野目洋子(おぎのめ ようこ)
本名:辻野洋子(つじの ようこ)
出身地:千葉県佐倉市
生年月日:1968年12月10日
年齢:48歳(執筆時)
身長:160cm
血液型:B型
学歴:堀越学園高等学校卒業
現職:歌手、女優、タレント
所属事務所:ライジングプロダクション

荻野目洋子さんは1968年、三人姉妹の三女として千葉県に生まれます。なお、真ん中の姉は女優の荻野目慶子さんです。

小学生時代にトリオ『ミルク』のメンバーとしてデビューし、2枚のシングルをリリースしますが、その後自然解散しています。

本格的な芸能界デビューは中学生の時。

キティ・フィルム製作の1983年の映画『ションベン・ライダー』のオーディションがきっかけで、同社のアニメ『みゆき』のヒロイン・若松みゆき役の声優に抜擢。

その後、高校入学直後の1984年4月3日に『未来航海-Sailing-』でソロデビューを果たします。

当初は大きなヒットに恵まれなかった荻野目洋子さんの転機となったのは、1985年11月の7枚目のシングル『ダンシング・ヒーロー』でした。

同曲は初のオリコントップ10入りを果たし、また荻野目洋子さんの最大のヒット曲となりました。

以後、歌手として『六本木純情派』『コーヒー・ルンバ』などのヒット曲をリリース。

1986年から4年連続で日本レコード大賞金賞を受賞したり、NHK紅白歌合戦に5回出場するなどの快挙を成し遂げます。

歌手活動以外にも、女優として、タレントとして数多くのドラマや映画、CMやバラエティ番組に出演。

1989年のフジテレビ『こまらせないで!』では主演を務め、主題歌も歌っています。

2001年に結婚し、結婚生活や育児に専念していた時期を経て、2005、6年から本格的に歌手活動を再開します。

荻野目洋子さんの現在は?

近年では、2010年に資生堂「IN&ON」のCMで河合その子さん、伊藤つかささん、薬丸秀美さんらと共演したり、2013年末ごろから音楽番組などに数多く出演するようになります。

その結果、2014年初頭には『ダンシング・ヒーロー』が音楽配信サイト月間1位を記録するという快挙を成し遂げ、同年7月にデビュー30周年を迎え、本格的に音楽活動することを発表。

現在も、ライブツアーをはじめとする各地の音楽イベントに出演したり、音楽番組やバラエティ番組など、幅広く活躍。

特に、自身最大のヒット曲である『ダンシング・ヒーロー』は、日本高校ダンス部選手権で準優勝した大阪府立登美丘高校ダンス部によるYouTube動画が大きな話題に。

同動画は1000万再生を優に超え、その影響もあり同曲は2017年10月2日付のビルボード国内週間チャート2位につけ、再び大ブレイクしています。

次ページ:荻野目洋子さんの結婚、馴れ初め、旦那、子供について