銀座の一流クラブのママ・伊藤由美さん。

3000人の客の名前と顔を覚えているという驚異的な記憶力や本・新聞コラムなどで話題ですが、どのような人なのか?

結婚や家族、経歴などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

伊藤由美さんのプロフィール

名前:伊藤由美(いとう ゆみ)
出身地:東京都(名古屋育ち)
年齢:57歳(執筆時)
血液型:O型
現職:銀座「クラブ由美」オーナーママ

大まかなプロフィールについては、伊藤由美さんのオフィシャルウェブサイトに端的にまとめられていますので引用します。

銀座「クラブ由美」オーナーママ。東京生まれの名古屋育ち。

18歳で単身上京、クラブ「紅い花」に勤務。

その後、19歳で「クラブ宮田」のナンバーワンに。

さらに22歳で勝新太郎の店「クラブ 修」のママに抜擢される。

1983年4月、23歳でオーナーママとして「クラブ由美」を開店(2013年に30周年を迎えた)。

15年11月に「シャンパーニュ騎士団」よりフランスの芸術文化勲章オフィシエ(将校)を女性経営者として初叙任。

著書に『スイスイ出世する人、デキるのに不遇な人』『銀座の矜持』(共にワニブックス)、『粋な人、無粋な人』(ぱる出版)、『記憶力を磨いて、認知症を遠ざける方法 銀座のママと脳神経外科医が語る、記憶の不思議とメカニズム』(ワニ・プラス)などがある。

また、女優の杉本彩さんが理事長を務める

「公益財団法人動物環境・福祉協会Eva(エヴァ)」

の理事も務め、動物愛護活動をライフワークとする。

引用:http://yumi-ito.com/profile/

18歳で上京とあることから、高校卒業後と思われます。

その時点でこの世界で生きていく覚悟を決めていたのですね。

この世界のことはよく分かりませんが、始めてわずか1年でナンバーワンになり、22歳で勝新太郎さんの店にママとして抜擢され、23歳で銀座のクラブのオーナーママになるという経歴から、非常に才能があり、ものすごい努力をなさってこられたことが分かります。

まさにエリート中のエリートなのでしょうね。

「クラブ由美」は現在では政財界の名だたるVIPたちから絶大な支持を集めており、女性経営者として初めてシャンパーニュ騎士団オフィシエを受勲しているとのことです。

シャンパーニュ騎士団とは、ハフポストのこちらの記事の説明によると、

シャンパーニュ騎士団(オルドル・デ・コトー・ドゥ・シャンパーニュ)は1656年、ルイ14世の宮廷グルメとして知られる貴族たちによって設立されたシャンパンの愛好団体。350年以上の歴史を持ち、フランスのなかで最も由緒ある騎士団のひとつで、唯一、シャンパーニュ委員会が認めている団体でもある。

シャンパンの普及を目的に活動しており、これまで全世界においてシャンパンの普及に貢献した人、シャンパーニュ愛好家である各界著名人や芸術家、ジャーナリスト、美食家など5000人を超える人々を、シュヴァリエ(騎士)として叙任してきた。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/04/ordre-des-coteaux-de-champagne-takeshi-kitano_n_7516064.html

とのことです。伊藤由美さん以外に受勲した著名人として、

YOSHIKIさん
秋元康さん
小山薫堂さん
坂本龍一さん
田崎真也さん
北野武さん

など、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。この中に名前を連ねるなんて、ちょっと凄すぎます汗

伊藤由美さんの結婚、家族は?

伊藤由美さんの結婚についてですが、特に情報は出回っていないようです。

ただ、徹子の部屋にご出演の際は、80歳の母親(2017年現在)と暮らしていることを明かしています。

アメブロでもよく母親が登場して、一緒に旅行に行ったり、誕生日を祝ったりなど、とても仲がよいようです。

ちなみに、銀座のママのような職業の人は、めったなことでは結婚しないイメージがあったのですが、実際にはそうでもなく、俳優の北村一輝さんは下積み時代のごく若い頃に銀座のママに見初められて結婚したそうで、また吉田鋼太郎さんも最近銀座のママと結婚したことが話題になりました。

伊藤由美さんのお店

伊藤由美さんのお店「クラブ由美」は2017年で35周年を迎えました。

住所:東京都中央区銀座6-7-9 丸喜ビル3F
TEL: 03-3573-3485
URL:http://yumi-ito.com/

予想通りと言うか、お店のサイトには料金などは一切書かれていませんでした。

銀座の高級クラブは座っただけで1人数万円のチャージ料は当たり前という世界ですので、飲食代などすべて含めると、庶民には目玉が飛び出る金額になるものと思われます。

クラブ由美は、基本的に常連客の紹介がなくては入れない「一見さんお断り」ですが、どうしても行きたいという人には、料金体系を伝えた上で来てもらうこともあるとのことです。

お店の中はすごいVIP客だらけで庶民は萎縮しそうですが、自分はそれに見合う男だ、と自負される方は、ぜひ一度訪れてみるとよいかもしれません。

以上、伊藤由美さんについてでした!