アウトデラックスやワイドナショーや情熱大陸でかわいいと評判の女流棋士・竹俣紅さん。

竹部さゆりさんの殺に対して殺菌の神対応などが話題です。

その竹俣紅さんの成績や、師匠の森内俊之さんとのことや休場、父親母親や身長高校などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

竹俣紅さんのプロフィール

takematabeni

名前:竹俣紅(たけまた・べに)
出身地:東京都
生年月日:1998年6月27日
身長:155センチ
体重:42キロ
学歴:渋谷教育学園渋谷高等学校卒業、早稲田大学政治経済学部(2017年4月より)
所属事務所:ワタナベエンターテインメント

竹俣紅さんの成績

竹俣紅さんは、2012年10月1日、渋谷教育学園渋谷中学校2年生のときに、女流2級としてプロ入りします。

2015年には女流タイトルの倉敷藤花戦でベスト8入りし、女流1級に昇級。

さらに、2015年度の公式戦成績を12勝9敗として、「女流1級で年度成績指し分け以上(7勝以上)」という昇級・昇段規定を満たし、2016年4月1日付で女流初段へ昇段しました。

竹俣紅さんの休場の理由

そして、竹俣紅さんは高校3年生になる2016年4月に女流初段に昇段すると同時に、丸1年間休場することになりました。

また、同時にワタナベエンターテインメントとも所属契約を交わします。

竹俣紅さんは、渋谷教育学園渋谷高等学校(いわゆる渋渋)という、東京大学や早稲田大学、慶応大学といった一流大学に毎年数十人~百人以上も合格している名門進学校に通っています。

ですので、大学入試のための休場というのが理由でしょうね。

テレビの仕事が忙しくなったことが理由という噂もありますが、テレビの仕事だけでは、丸一年休場するほどの理由にはなりづらいし、そもそも日本将棋連盟が許可を出すとは考えにくいかもしれませんね。

竹俣紅さんの師匠、森内俊之さん。

竹俣紅さんの将棋の師匠は森内俊之九段です。

森内俊之さんは、過去に何度も名人位を獲得・防衛し、永世名人の資格も持つ、将棋界のトップ棋士の一人です。

竹俣紅さんについて、「絶縁」という噂があるようですが、どうやら師匠の森内俊之さんとの関係のことのようです。

以前に、竹俣紅さんが将棋の対局において記録係という役割を避けていたことに対して、師匠の森内俊之さんがかなり強く叱りつけたということがあったそうです。

記録係というのは、対局者たちの脇の机にじっと座って、ひたすら対局の棋譜を紙に記録する人のことです。

プロを目指す人たちにとって、プロの先生方の対局を間近で勉強する絶好の機会なのですが、一方で、何時間もじっと正座していなければならない大変な仕事なので、最近では避ける人が多くなっているそうです。

竹俣紅さんも以前はそうだったようで、その姿勢について師匠の森内俊之さんが厳しく注意した、ということらしいです。

単に棋譜を見るだけなら、ネットの中継ブログに繋げば簡単にアクセスできるのは確かにそうですが、音楽ライブや舞台と同じで、その場に居なければ伝わらないこともありますからね。

古臭い伝統、と見ることもできますが、将棋にしても、たとえば歌舞伎にしても、古臭い伝統を頑なに守り続けることで伝統芸能、伝統文化として価値を持ち続けている側面もありますから、難しいところですね。

竹俣紅さんの絶縁の噂、母親と父親については次のページで!