尾上菊之助さんといえば若手の歌舞伎役者の代表的存在の一人として知られていますが、俳優として西郷どん、下町ロケットなどでも話題です。

その尾上菊之助さんの結婚なれそめ、嫁や子供は?

尾上菊之助さんの年齢、身長、高校大学、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

尾上菊之助さんのプロフィール

名前:尾上菊之助(おのえ きくのすけ)
本名:寺嶋和康(てらしま かずやす)
出身地:東京都
生年月日:1977年8月1日
年齢:41歳(執筆時)
身長:173cm
血液型:B型
学歴:青山学院大学中退
職業:歌舞伎役者、俳優
屋号:音羽屋

尾上菊之助さんの若い頃~今現在

尾上菊之助さんは1977年東京都生まれ。家は歌舞伎の名門・音羽屋で、父親は歌舞伎役者・七代目尾上菊五郎さん、母親は女優の富司純子さん、姉は女優の寺島しのぶさんです。

1984年に歌舞伎座『絵本牛若丸』の牛若丸で六代目尾上丑之助を襲名し初舞台を踏みます。

青山学院幼稚園、初等部、中等部、高等部を経て、1996年に青山学院大学文学部に進学(のち中退)。

1996年5月に歌舞伎座『弁天娘女男白浪』の弁天小僧ほかで五代目尾上菊之助を襲名します。

2000年に 歌舞伎座『源氏物語』で紫の上を演じ、大人気に。七代目市川新之助さん(十一代目市川海老蔵)、二代目尾上辰之助さん(四代目尾上松緑)と「平成の三之助」と呼ばれ、新たな歌舞伎ブームを起こします。

以後も数多くの歌舞伎舞台で活躍。

また、蜷川幸雄さんの舞台(『NINAGAWA十二夜』など)をはじめ、新作歌舞伎や舞台にも数多く出演。

舞台以外にも、

『葵 徳川三代』(00年、NHK大河ドラマ)
『坂の上の雲』(10年)
『オリガミの魔女と博士の四角い時間』(17年、声の出演)
『西郷どん』(18年、NHK大河ドラマ)
『下町ロケット』(18-19年)

(『下町ロケット』より)

などのドラマ、

『水の旅人 侍KIDS』(93年)
『四十七人の刺客』(94年)
『犬神家の一族』(06年)
『THE CODE/暗号』(09年)

などの映画ほか、数多くの作品に出演。

歌舞伎役者として海外公演も多く、その可憐な美貌と清潔な色気で女方としても二枚目としても高い人気を誇り、現代の歌舞伎を代表する若手スターの一人として第一線で活躍を続けています。

尾上菊之助さんの嫁は波野瓔子さん!結婚馴れ初めは?

尾上菊之助さんは2013年2月、歌舞伎役者・中村吉右衛門さんの四女・波野瓔子(ようこ)さんと結婚しています。

中村吉右衛門さんの兄・松本白鸚さんについて

馴れ初めについては詳細は明かされていないようですが、尾上菊之助さんも波野瓔子さんも歌舞伎の名門の家柄出身ですので、子供の頃からお互いに知り合っていた可能性が高そうです。

波野瓔子さんは尾上菊之助さんの5歳年下で、青山学院大学を卒業後、2005年から株式会社和光に勤務。銀座にある、時計台で有名なあの和光ですね。

尾上菊之助さんの母親である富司純子さんが和光で買い物したときの接客がとてもよく、ずっと好印象を持っていたのだそうです。

ただ、父親の尾上菊五郎さんは2人の交際を知らず、娘の寺島しのぶさんがフランス人の夫を連れてきた時以上にびっくりしたみたいですね。

波野瓔子さんの父親である中村吉右衛門さんも快諾したそうで、すんなりと結婚が決まったようです。

歌舞伎役者の妻、いわゆる「梨園の妻」になるのは相当にハードルが高いようで、過去にも歌舞伎役者が女優など部外者と交際して破局した例は数多くあります。

これだけあっさり決まったのも、やはり波野瓔子さんが歌舞伎の家出身で、幼い頃から業界独自の慣習を身に着けていたことが大きいのでしょうね。

波野瓔子さんは結婚する少し前の2012年10月に和光を退社し、現在は「梨園の妻」として、夫の尾上菊之助さんをサポートし、子供たちを育てることに専念なさっているようです。

次ページ:尾上菊之助さんの子供は3人!長男の寺嶋和史さんは歌舞伎役者デビュー!とてもかわいい画像あり