本上まなみさんの子供

本上まなみさんは現在、1男1女の母親となっています。

2006年12月に長女・風花(ふうか)さんが、2013年3月に長男が誕生しています。

学校や写真画像などについては非公表のようです。

長女の小学校について、ネット上では立命館小学校ではないかと言われているようですが、確たる根拠はなく、あくまでも噂に過ぎないようです。

後述するように、本上まなみさんは、自分の子供たちにのどかで自然豊かな環境で育って欲しいと願って、京都移住を決めたといいます。

そういう趣旨だとすると、芸能人によくある「名門私立小学校」ではなく、通常の公立小学校に通わせているのかもしれません。

本上まなみさんの自宅は京都

本上まなみさんは2013年4月に、東京を離れて京都の築100年の古民家に移住しています。

ちょうど長女の小学校入学と、長男の誕生のタイミングで移住を決意したのだそうです。

本上まなみさんの実家は大阪、夫の沢田康彦さんの実家は滋賀と、いずれも関西圏だったため、お互いの両親にすぐ会える距離のところ、という観点で候補に挙がったのだそうです。

さらに、子供たちには自然が豊かでのどかな環境で育ってほしいという思いもあったといいます。

また、東京へのアクセスの良さ、学生時代に京都の短大に通っていたため土地勘があった、など様々な要素を総合して京都を移住先に決めたみたいですね。

実際、目論見は当たったようで、現在の生活は人間的にも自然環境的にも、非常に快適な毎日を過ごされているとのことです。

子供たちもとても元気にのびのびと育っているようで、お向かいさんの家に勝手に上がりこんで、その家の犬と戯れていたりすることもあるのだとか。

それでも近所の人達から眉をひそめられるということはなく、むしろ賑やかになってよかったと言ってもらえるのだそうです。

ちなみに、東京から京都に移住する際、夫の沢田康彦さんはマガジンハウスを退社して、専業主夫になったのだそうです。

しかし、移住から2年後の2015年に、『暮しの手帖』新編集長に就任したため、一転して現在は東京に単身赴任し、夫婦別々に暮らすようになっているとのことです。

沢田康彦さんは、編集長就任の話が来た際には、家族が別々の生活になるため、妻の本上まなみさんに反対されるかと思っていたそうです。

ところが本上まなみさんは、逆に「行くべきだ」と強く勧めたといいます。

自分自身も仕事と家事で東京と京都の往復生活で超多忙なはずなのに、夫のキャリアのためにあっさり送り出せるなんて、本当にしっかり者なのでしょうね。

本上まなみさんの自宅の場所は出町柳?

なお、本上まなみさんの京都の自宅ですが、出町柳あたりではないかと言われています。

どうやら、テレビ番組などで地元紹介みたいな形で出町柳界隈を取り上げることが多いみたいですね。馴染みの場所やお店を紹介するでしょうから、確かに本上まなみさんの自宅は出町柳あたりにある可能性は高そうです。

以上、本上まなみさんについてでした!