光浦靖子さんはマウスピースで激変?

光浦靖子さんに対して「綺麗」「美人」という声が多くなっている理由のひとつとして、「マウスピース」があるようです。

かつて、光浦靖子さんは、綺麗に歯磨きしているにもかかわらず虫歯になりやすいことを歯医者に相談したことがあったそうです。

すると、その歯医者から、「食いしばりがすごくて、歯を自分でボロボロにしている」と説明を受けたのだとか。

さらに、

「光浦さんはみんなに『エラ』『エラ』と言われているけど、これエラじゃないですよ。筋肉の塊ですよ」

とも指摘を受けたのだそうです。

「エラ」と言った場合、一般的には顎の骨格そのものをいい、美容整形でも通常「エラ削り」と言えば、顎の骨そのものを削ることを指します。

しかし、光浦靖子さんの場合は、睡眠中の食いしばりで顎の筋肉が発達しすぎて「エラ」のように張り出してしまっていた、ということなのですね。

改善策として、マウスピースを処方してもらい、そのおかげで食いしばりが大幅に軽減され、それに伴い「エラ」の張りも縮小していったそうです。

こちらが若い頃の光浦靖子さんです。

こちらが最近の光浦靖子さんです。確かに、だいぶ顔の輪郭が変わってきているように見受けられます。

この光浦靖子さんの変化を見て、「自分もマウスピースしようかな」という声がたくさん上がったみたいですね。

寝ている間の食いしばりは、歯や顎への負担だけでなく、慢性的な肩こりや頭痛の原因にもなると言われています。

そういう意味でも、食いしばりや歯ぎしりの自覚がある場合には、マウスピースを検討すると良いかもしれません。顎がシュッとするというおまけ?もついてくるみたいですからね。

次ページ:光浦靖子さんのスタイル抜群のグラビア水着写真!