青い鳥などで知られる鈴木杏さん。子役時代からかわいいと評判ですが、今現在は?また、結婚や彼氏は?

鈴木杏さんについて、身長や高校大学、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

鈴木杏さんのプロフィール

名前:鈴木杏(すずき あん)
本名:同じ
出身地:東京都
生年月日:1987年4月27日
年齢:30歳(執筆時)
身長:163cm
血液型:B型
学歴:堀越高等学校卒業後、和光大学人間関係学部人間発達学科進学
現職:女優
所属事務所:フォスタープラス

鈴木杏さんは1987年東京都生まれ。母方の祖父がアメリカ人のクオーターとのことです。

ドラマ・映画好きの両親に、毎週のように映画館に連れて行ってもらったという鈴木杏さんは、7、8歳のときにはすでに俳優になりたいと思っていたのだそうです。

そして、小学生の頃から芸能活動を始め、1995年の『Missダイヤモンド』でドラマデビュー。

翌96年の『金田一少年の事件簿(第2シーズン)』で子役としてのデビューを果たしています。

鈴木杏さんの知名度を一気に上げたのは、1997年のドラマ『青い鳥』の町村誌織の役でした。

さらに、2000年のポカリスエットCMで、人気を不動のものとします。

2000年のドラマ『六番目の小夜子』、2001年のドラマ『金田一少年の事件簿(第2シーズン)』ではそれぞれ主役・ヒロインを演じるなど、子役として第一線で活躍するようになります。

(画像は六番目の小夜子の主役・潮田玲)

2003年3月公開の映画『青の炎』に出演したことが縁で、演出家の蜷川幸雄さんと出会い、以後、蜷川作品の常連として舞台でも活躍するようになります。

そして堀越高等学校進学後も、2005年の『世にも奇妙な物語 春の特別編「密告ネット」』、『がんばっていきまっしょい』で演じるなど、活躍を続けます。

(画像はがんばっていきまっしょいの主役・篠村悦子。右は相武紗季さん)

高校卒業後の2006年には和光大学人間関係学部人間発達学科に進学。

「女優の仕事をしていなかったら、カウンセラーか保育士になりたかった」

という鈴木杏さんは、心理学を学べる大学を選んだのだそうです。

ただ、俳優業が多忙のため、その後休学しているとのことです。

大学進学後も、2008年のドラマ『Room Of King』や2009年のドラマ『遙かなる絆』で主演するほか、数多くのドラマ、映画、舞台に出演。

近年も、2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』や劇場版アニメ『花とアリス殺人事件』、2017年のドラマ『東京センチメンタルSP~千住の恋~』に出演。

2017年12月には舞台『欲望という名の電車』で、本人が「蜷川幸雄さんからの宿題」と位置づけるステラ役を演じます。

また、2018年公開予定の映画『明日にかける橋 1989年の想い出』で主役を演じるなど、成人して子役を卒業した現在も、俳優として第一線で活躍を続けています。

鈴木杏さんの結婚は?

鈴木杏さんの結婚についてですが、現在独身とのことです。

ただ、こんな写真があります。

といっても、本物ではなく、2011年の映画『軽蔑』で高良健吾さんとW主演したときの衣装のようです。

「もともと結婚願望とかあまりないほうなのですが、やっぱりウエディングドレスを着るとうれしくなりました」

とコメントしており、結婚願望はそれほど強くないみたいですね。

一方で、母親になることには関心があるみたいで、30歳を迎えた時には、結婚について、

「結婚して母親にならないと見えないものも絶対にあると思う。でも今のところは目の前の仕事をやって、出会いがあったら考えます」

とコメントしており、結婚に関してはニュートラルなスタンスのようですね。

第一線で活躍する超多忙な女優さんだけに、なかなか結婚のタイミングが得られにくいのはやむを得ないことだと思いますが、いつか素敵な結婚の報告を聞かせて欲しいものですよね。

以上、鈴木杏さんについてでした!