前川清さんと、あの宇多田ヒカルさんの母親である藤圭子さんが結婚していたことはよく知られています。

しかしわずか一年で離婚。その後前川清さんと藤圭子さんはそれぞれ再婚し、子供をもうけます。

その前川清さんと藤圭子さんの馴れ初めや結婚式、離婚の原因・理由について調べてみました。

前川清さんのプロフィール

名前:前川清(まえかわきよし)
出身地:長崎県佐世保市松山町
生年月日:1948年8月19日
身長:177センチ
血液型:O型
学歴:長崎南山高等学校中退

藤圭子さんのプロフィール

名前:藤圭子(ふじ・けいこ)
本名:宇多田純子(うただ・じゅんこ)
出身地:岩手県一関市(北海道旭川市育ち)
生年月日:1951年7月5日

前川清さんと藤圭子さんの馴れ初め

前川清さんと藤圭子さんは1971年に結婚します。当時前川清さんは23歳、藤圭子さんは20歳。

出会いはレコーディングスタジオでした。当初は廊下ですれ違ったときに挨拶する程度の間柄でしたが、やがて前川清さんの方が藤圭子さんにベタ惚れするようになりました。

そして、猛アタックをかけ、二人は急接近します。

しかし、当時の前川清さんは「長崎は今日も雨だった」、藤圭子さんは「圭子の夢は夜ひらく」というお二人の代表曲とも言える名曲が大ヒットし、人気絶頂の時期でした。

そんな若い人気タレント同士の結婚を、所属事務所が許すはずもなく、二人は所属事務所に黙って電撃結婚を発表することにしました。

前川清さんと藤圭子さんの結婚式は佐世保の教会

前川清さんと藤圭子さんは毛根を電撃発表した後の1971年8月2日に、結婚式を長崎・佐世保の俵町教会というところで挙げます。

お二人とも若いですね。藤圭子さん、とても綺麗です。

お二人の新婚生活は2DKのマンションで、家財道具も独身時代に使っていたものをそのまま使い続けるという、超人気歌手同士のカップルとしてはとても質素なものだったようです。

前川清さんと藤圭子さんの離婚の原因・理由

そんな前川清さんと藤圭子さん、なんとわずか1年で離婚してしまいます。

離婚の最大の理由は、藤圭子さんが前川清さんをそもそも全く好きではなかったことなのだそうです。

どうやら藤圭子さんは独身時代から、作詞家・作曲家の石坂まさをさんに好意を寄せていたようです。

結婚後の藤圭子さんは、夫の前川清さんが仕事から帰ってきても自宅で飼っていたニシキゴイにばかり話しかけていたのだとか。石坂まさをさんのことを思い浮かべていたのでしょうか。

前川清さんは藤圭子さんにベタ惚れでしたが、その姿を見てついに諦め、わずか1年という短い結婚生活の後、離婚を決意します。

なお、前川清さんと藤圭子さんについて、「初夜」というキーワードが出てきますが、新婚旅行ではハワイに6日間ほど滞在したみたいです。特に週刊誌や噂などでそのことについての具体的な噂があるというわけではなさそうです。

前川清さんは、そんな屈辱的とも言える理由で離婚しても、今なお藤圭子さんのことは好きなのだそうです。

以上、前川清さんと藤圭子さんの結婚・離婚についてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。

前川清さんと再婚相手の竹井朝美さん、子供たちについてはこちら