国谷裕子さんの夫や子供、また現在や今後についてです。

国谷裕子さんの夫、子供

国谷裕子さんの旦那さんは、国谷史朗さんという弁護士さんです。

国谷史朗さんの画像はこちら

国谷史朗さんは1980年に京都大学法学部を卒業し、1982年に司法修習を修了し、同年大江橋法律事務所に入所します。

その後、1986年に米国Georgetown University Law Centerを卒業。

同年大江橋法律事務所のパートナーに昇進し、翌1987年にニューヨーク州弁護士登録。

2002年に同法律事務所の代表社員に就任し、現在に至ります。

専門分野は会社法、企業買収、独禁法、国際取引規制、知的所有権、事業再編・再生、エネルギー法など多岐に渡っています。

また環太平洋法曹協会(IPBA)紛争解決・仲裁委員会副委員長、日本弁護士連合会国際交流委員会委員長、環太平洋法曹協会(IPBA)会長など数々の要職を歴任。

武田薬品工業株式会社やソニーフィナンシャルホールディングス株式会社、株式会社江原製作所など、数多くの株式会社や公益財団法人の取締役・監査役・理事などを兼任し、法律関係の著書や論文も多数執筆しています。

経歴が凄すぎてびっくりですね(゜o゜;

国谷裕子さんももちろん非常に優秀な方ですが、こういう夫婦は普段どんな会話をしているのか、一般庶民としては気になってしまいます。

なお、お二人の間に子供がいるのかについての情報は、特に出回っていないようです。

お二人とも超エリートで超多忙な方たちですので、子供がいなくても不思議はありませんが、いたとしたら、きっとものすごく優秀なのは間違いないでしょうね。

ちなみに、夫婦仲は良好のようで、国谷史朗さんは、国谷裕子さんのことを「ヒロコ」と呼んでいるのだそうです。

また、NPO法人・放送批評懇談会主催の「第53回ギャラクシー賞」の特別賞を国谷裕子さんが受賞した時には、国谷史朗さんは自分のことのように喜んでいたそうですよ。

国谷裕子さんの現在と今後

さて、一般の視聴者にとって国谷裕子さんの代名詞とも言える「クローズアップ現代」から降板した後、国谷さんがどのような活動を展開なさるのかについて、かなり興味が持たれているようですね。

どうやら、今後については現在のところ、はっきりとは決めかねている様子です。

クローズアップ現代降板後の現在は、NHKをはじめテレビやラジオからは離れた世界で、会いたい人に会い、知りたいことを知りたいと考えていて、作家や学者などと対談をしたり、執筆や講演などを中心に活動しているようです。

そうやって今までとは別の世界やメディアに足を踏み入れることで、「自分の幅を広げたい」と考えているようです。

そのため、あえてテレビやラジオの出演依頼は断り続けていたそうですが、6月7日には徹子の部屋に出演し、ついに断り続けていたテレビ出演を承諾したようですね。

黒柳徹子さんという特別な存在だからこそ引き受けたのでしょうけれど、やはり「自分の幅を広げる」一環ということなのでしょうね。

全体としてみると、現在はいわゆる「充電期間」なのだろうと思います。

近い将来、「幅が広がった」国谷裕子さんの姿を拝見するのが、今からとても楽しみです。

以上、国谷裕子さんについてでした!