木更津キャッツアイ、タイガー&ドラゴンなど宮藤官九郎さん脚本の作品ほか、数多くのドラマ、映画などで知られる俳優・塚本高史さん。

ケンカが強い武勇伝・エピソードや、白髪がかっこいいことなどが話題のようですね。

なぜケンカが強いのか?また30代にして白髪の原因は?

塚本高史さんの年齢、身長、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

塚本高史さんのプロフィール

名前:塚本高史(つかもと たかし)
本名:同じ
出身地:東京都
生年月日:1982年10月27日
年齢:35歳(執筆時)
身長:176cm
血液型:A型
学歴:八王子市立由井中学校卒業、堀越高等学校中退
職業:俳優
所属事務所:サンミュージックプロダクション

塚本高史さんは1982年東京都生まれ。

塚本高史さんは、小学生の頃からサッカー部に所属し、三浦知良選手に憧れて将来はサッカー選手になるという夢を持っていたのだそうです。

その一方で、とても目立ちたがり屋でもあり、学芸会などでは率先して主役をやりたがる子供だったそうで、そんな塚本高史さんを見た母親が、サンミュージックの新人タレントオーディションに応募。

その結果、見事俳優部門に入賞を果たし、芸能界入りを果たします。1996年、塚本高史さんが中学生のときでした。

そして翌97年にドラマ『職員室』で俳優デビュー。さらに映画初出演作である2000年『バトル・ロワイアル』で広く知られるようになります。

この映画への出演は、少年時代の塚本高史さんの大きな転機になったといいます。

それまでは「目立てばいいや」くらいの意識で作品に携わっていたそうですが、この『バトル・ロワイアル』制作の過程で、ものづくりの素晴らしさに開眼。以後、本格的に俳優としてやっていく決意を固めたといいます。

中学生でデビューを果たした塚本高史さんは、芸能活動と両立させるために高校は堀越高等学校に進学しましたが、俳優業に専念するため、この機会に高校も中退します。

なお、塚本高史さんのストイックさの現れとして、作品一本に専念するために、仕事を掛け持ちしないというポリシーを貫いているのだそうです。

2003年に映画『カミナリ走ル夏』で映画初主演、また同年インディーズシングル『ヒ・ト・リ・ゴ・ト』で歌手デビューも果たしています。

2008年に『監査法人』でドラマ初主演。同年の映画『イエスタデイズ』で全国公開のメジャー映画初主演を果たします。

(『イエスタデイズ』より)

以後も『木更津キャッツアイ』『マンハッタンラブストーリー』『タイガー&ドラゴン』『ガンジス河でバタフライ』『なくもんか』『監獄のお姫さま』などの宮藤官九郎さん脚本の作品に常連として出演するほか、数多くのドラマ、映画に出演。俳優として第一線で活躍を続けています。

塚本高史さんの白髪

塚本高史さんと言えば、近年は白髪のことがよく話題にのぼりますね。

塚本高史さんは現在30代も半ばを過ぎましたが、20代のときにはすでに白髪が多くなっていたみたいですね。

一般にも話題にのぼるようになったのは、2011年のドラマ『ランナウェイ~愛する君のために』出演のとき。

脱獄犯という役作りのため短髪にした際、耳の周りの根元の白髪が話題になったようです。

脱獄犯という役柄のため、あえて染めなかったそうですが、20代にしてこの白髪の多さは確かに話題になるでしょうね。

その原因についてなのですが、遺伝的なものなのだそうです。いわゆる「若白髪」というやつですね。塚本高史さんの父親も若白髪だったそうですよ。

よく芸能人が急に白髪になって心配されたり話題になったりしますが、きっかけとしては「急に白髪が増えた」というよりも「役作りなどの理由で白髪染めをやめた」というパターンが結構多いみたいですね。

他には瑛太さんや陣内孝則さんなども、普段白髪染めを常用していたものの、役作りのために白髪染めをやめた際に、急に白髪が増えたように見えて話題になったということがあったようです。

ただ、これらの方々は、イケメンということもあり、白髪姿が逆にカッコイイと好評だったりするみたいですね。

他に白髪がカッコイイ芸能人と言えば、吉川晃司さんなどがいます。

(吉川晃司さん)

この白髪(銀髪)がとてもカッコイイので、黒髪だけど逆にこういう風にしたい、とあこがれる人も少なくないのだとか。昔は白髪と言えば「老化」のイメージでしたが、時代は変わってきているのかもしれませんね。

次ページ:塚本高史さんはケンカが強い!武勇伝、エピソードは?