村野武範さんが中咽頭がんを宣告されるも、陽子線治療でがんの病気を克服?その陰には嫁の麻美夫人の尽力が!

村野武範さんの現在、陽子線治療の病院や妻・麻美さん、子供などについて、wikiプロフィールとともに調べてみました。

村野武範さんのプロフィール

名前:村野武範(むらの たけのり)
出身地:東京都清瀬市
生年月日:1945年4月19日
年齢:72歳(執筆時)
身長:176cm
血液型:A型
学歴:早稲田大学商学部卒業
現職:俳優
所属事務所:三浦企画

村野武範さんは1945年東京都清瀬市生まれ。

中学生の頃には演劇部に所属し、東京都の代表になったり、NHK教育テレビ(現・Eテレ)に何回か出演する機会がありました。

商社マンになるつもりで早稲田大学商学部に進学し、英語のサークルにも入りますが、自分の英語力では難しいことを悟り、入学早々商社マンを諦めます。

その後、姉のアドバイスにより自分の好きなことをやろうと決心し、学生劇団「こだま」に所属。大学卒業後は文学座に所属し、俳優としてのキャリアをスタートさせます。

1969年、NHKのドラマ『走れ玩具』に主演し、デビュー。71年の映画『八月の濡れた砂』で脚光を浴びます。

人気を決定づけたのは、72年の日本テレビの学園ドラマ『飛び出せ!青春』の熱血教師・河野武役でした。

以後、数多くのドラマ、映画、CM、バラエティ番組に出演。

俳優・タレントとして精力的に活動するかたわら、赤坂・溜池山王で割烹「ぐるめダイニング むらの」を経営するなど、実業家としても活躍しました。

料理番組『食いしん坊!万才』の七代目くいしん坊(レポーター)を務めたことがきっかけで、友人からその知識や経験を活かすことをアドバイスされ、共同経営することになったのだそうです。

政治家や芸能人、アナウンサーなど、著名人が多く訪れる名店として知られていたみたいですね。

なお、残念ながら、口コミサイトRettyによると、「ぐるめダイニング むらの」はすでに閉店してしまったようです。

他に、2017年9月27日には新曲「ハマナス/愛を下さい」を発売するなど、歌手としても精力的に活動しています。

村野武範さんの妻・麻美さん、子供は?

村野武範さんの奥さんは麻美(まみ)さんといいます。

2017年で結婚47年目とのことなので、1970年、村野武範さんが25歳の頃になりますね。

デビューが69年なので、デビューをきっかけに結婚を決めたという感じでしょうかね。

馴れ初めは自動車教習所なのだとか。お互いに学生だったそうです。麻美さんも高学歴なのでしょうかね?

BS日テレの番組『夫婦再旅』出演の際には「村野武範さんの方が一目惚れ」としていましたが、『徹子の部屋』では「お互いに一目惚れ」となっていますね。どちらが正しいのでしょうか?

その後、100通以上もの文通を交わし、ゴールイン。

以後、麻美さんはとても仲の良いおしどり夫婦として、村野武範さんのがんが発覚したときも、病院を見つけて治療を成功に導いたりと、献身的に支えています。

なお、子供についてですが、はっきりした情報がつかめませんでした。

ネット上では「子供はいない」としているものや、「2人の息子がいる」としているものなどがあり、はっきりしません。

いずれにせよ、これだけ情報が少ない(ほとんどない)ということは、村野武範さんは自分の子供についてはあまり大っぴらに語ったことはないものと思われます。

次ページ:村野武範さんの中咽頭がんを克服した陽子線治療とは。病院は?