「スッキリ」でお馴染みの阿部祐二さん。

近年では3.11の日に事故に遭い、地震との関係が噂されましたが、死刑囚や遺族への取材を20年以上にわたって続けていることでも知られています。

その阿部祐二さんの英語やフランス語や韓国語、嫁や子供や家、ハーフの噂や台風のこと、大学や経歴などのwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

阿部祐二さんのプロフィール

名前:阿部祐二(あべ・ゆうじ)
出身地:東京都板橋区
生年月日:1958年8月14日
身長:185センチ
学歴:東京都立小石川高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業
所属:テンダープロ

阿部祐二さんは1958年東京都生まれ。

早稲田大学在学中から30代半ば頃まで、俳優・モデル・学習塾経営など様々な活動に手を染めます。

モデルとしては雑誌「POPEYE」に掲載されたり、俳優としては特捜エクシードラフトの大門巌役などが知られています。

大学在学中には記者志望だったらしく、リポーターに転向したのはそのことが背景にあったようです。

現在は、スッキリをはじめとする情報番組のリポーターとして、その臨場感あふれる現場レポートでお茶の間の人気を集めています。

阿部祐二さんはハーフ?

阿部祐二さんについて、ハーフではないかという声があるようです。

身長185センチと非常に長身で、彫りの深い精悍な顔立ちで、確かにハーフっぽく見えますよね。

さらに、ハリウッド俳優に通訳無しで英語でインタビューしたり、海外の関係当局に英語で取材を行うなど、英語が非常に達者なことでも知られています。

これらのことから、阿部祐二さんはハーフでは?という噂が出たものと思われますが、これに関しては阿部祐二さんご本人が否定しており、純粋な日本人のようです。

阿部祐二さんの台風レポートはやらせ?

阿部祐二さんといえば、台風レポートのときのやらせ疑惑が有名です。

このときの映像がきっかけで、阿部祐二さんに対する世間の注目度が急上昇しました。

台風のさなかを、ヘルメットをかぶり、防水服を着て腰をかがめ、風に吹き飛ばされないようにレポートをしていた阿部祐二さん。

レポートが終わり、テレビカメラの画面からフェードアウトする際に、急に直立して、何事もなかったかのようにスタスタと画面外に向かって歩き始めたのです。

この様子を見て、視聴者からは一斉に「やらせだ」との声が挙がったのです。

しかし、阿部祐二さんや当時のスタッフによると、台風には風の強弱があり、あの瞬間には風が弱くなっていたから立って歩けたのだ、ということのようです。

今でも「やらせだ」「演出だ」という声は根強いようですが、本当のところはなんとも言えません。

今となっては、あの瞬間のあの場所の風の強さを確かめるすべはありませんからね。

ただ私たちが、あの場面をどう解釈するかだけだと思います。

阿部祐二さんの英語力やフランス語や韓国語、妻や子供については次のページで!