中村メイコさんが徹子の部屋に登場。

美空ひばりさんや坂口良子さんとの交流、田舎のバスや講演会などが話題です。

その中村メイコさんの旦那や画家の息子、娘や孫といった家族や自宅などwikiプロフィールに興味があったので調べてみました。

中村メイコさんのプロフィール

名前:中村メイコ(なかむら・めいこ)
本名:神津五月(こうづ・さつき)
出身地:東京府(現・東京都)
生年月日:1934年5月13日(2016年現在で82歳)

中村メイコさんは1934年東京府出身。2歳でPCL映画製作所(現・東宝)の映画に出演し、子役として芸能界デビュー。

天才子役として、エノケンやロッパ、森繁久彌ら数多くの日本を代表する喜劇俳優たちと共演します。

そのため、中村メイコさんは、「自分はデビュー時から『女優』ではなく、『喜劇女優』だ」と述べています。

喜劇を中心として、数多くのドラマや映画に出演しますが、一方で歌手としての評価も高く、特に1955年の「田舎のバス」は大ヒット、またCMソングの歌唱や他のアーティストへの作詞の提供など、音楽的才能も発揮します。

日本におけるテレビ放送の黎明期から現在に至るまで第一線で活躍し続け、まさに「日本のテレビ史の生き証人」とも言える、貴重な存在として知られています。

中村メイコさんの旦那

中村メイコさんは1957年に、作曲家の神津善行(こうづ・よしゆき)さんと結婚し、1男2女をもうけます。

中村メイコさん一家は、みな芸術・芸能系の仕事に就き、「神津ファミリー」として知られています。

神津善行さんは国立音大器楽科卒業。映画音楽を中心に、テレビ番組のテーマ曲や歌謡曲や吹奏楽曲など、幅広いジャンルの楽曲を数多く手がけてきました。

また、主に音楽を題材とした数多くのエッセイを著した、エッセイストとしても知られています。

中村メイコさんの子供たち、そして自宅については次のページで!