バルセロナ五輪女子マラソン日本代表・小鴨由水(こかもゆみ)さんが石橋貴明のスポーツ伝説に登場。

大阪国際女子マラソンでの松野明美さん、有森裕子さんとの五輪代表選考の過程とその後のバッシングや引退、そして結婚、夫や子供など現在の小鴨由水さんに興味があったので調べてみました。

小鴨由水さんのプロフィール

名前:小鴨由水(こかも・ゆみ)
出身地:兵庫県明石市
生年月日:1971年12月26日
学歴:兵庫県立明石南高等学校

小鴨由水さんと大阪国際女子マラソン

小鴨由水さんは20歳の時、ダイハツ所属の選手として1992年の大阪国際女子マラソンに出場します。

これが小鴨由水さんの初マラソンでした。

ダイハツのエースは浅利純子さんで、チームの考えとしては、当時無名だった小鴨由水さんは、あくまでも浅利純子さんの「ペースメーカー」という位置づけだったようです。

しかし、ダイハツの「本命」浅利純子さんは振るわず、小鴨由水さんはぶっちぎりの日本記録2時間26分26秒を叩き出して優勝。

その時出場していた松野明美さんも、日本記録を出していたのですが、小鴨由水さんはそれを遥かに上回るタイムを出したのでした。

この結果を受けて、困ったのは陸連だったようです。

陸連としては、松野明美さんと有森裕子さんの2人ともを五輪代表にする心づもりだったそうですが、小鴨由水さんが大阪国際女子マラソンで、あまりにもずば抜けた記録を出したので、小鴨由水さんを代表に選ばないわけにはいかない。

したがって、松野明美さんか有森裕子さんのいずれかが落選しなければならない。

どちらを落としても、陸連にとっては苦渋の選択でしたが、結局有森裕子さんが代表に選ばれ、松野明美さんは落選。

松野明美さんは、大阪国際女子マラソンで小鴨由水さんに次ぐ好記録(日本新だった)を出したにも関わらず落ちたことから、陸連の選考過程に対する疑問の声が噴出しました。

その後、小鴨由水さんは五輪に向けた高地トレーニングを行いますが、体調を崩してしまい、五輪辞退の噂も飛び交うようになりますが、無理を押して出場。

しかし、肉体的疲労と精神的プレッシャーがピークに達していた五輪本番では、ふるわず29位に終わってしまいます。

この経験、そして「小鴨じゃなくて松野にしとけばよかったんだ」という心ない批判、そういったものに耐えられなくなった小鴨由水さんは、五輪後、21歳の若さでマラソンの競技選手を引退します。

小鴨由水さんの現在については次のページへ!