津川雅彦さんの娘は真由子さん。誘拐された!?

津川雅彦さんと朝丘雪路さんの間には娘が1人おり、名前を真由子さんといい、女優をなさっています。

真由子さんのプロフィール

名前:真由子(まゆこ)
本名:加藤真由子(かとう まゆこ)
出身地:東京都
生年月日:1974年3月18日
年齢:44歳(執筆時)
血液型:O型
職業:女優
所属事務所:グランパパプロダクション

真由子さんは1974年東京都生まれ。生後間もなく誘拐事件に巻き込まれますが、無事保護されています。

数多くの舞台、ドラマ、映画に出演し、女優として活躍する一方、バラエティ番組でも親と数多く共演しています。

真由子さんは1974年8月15日、生後5ヶ月のときに、自宅2階で寝ていたところを何者かに誘拐され、身代金500万円を要求されるという事件が起きました。

犯人は身代金を第一勧業銀行(現・みずほ銀行)の偽名口座に振り込むよう指定し、津川雅彦さんは警察の指示に従い150万円を振り込みます。

当時は現在と違い、取引の行われたCD機※を特定できなかったため、全店舗に捜査員を配置し、取引発生のたびにCD機周辺の顧客を包囲するというしらみ潰し的な作戦を展開しますが、うまくいきませんでした。


※キャッシュディスペンサー。ATMと異なりカードでの引き出し機能のみのもので、当時の主流だった

当時は本人確認資料の提出が必要なく、偽名でも簡単に口座が作れる時代だったため、この方法では限界があったようです。

そのため、第一勧業銀行のシステムエンジニアが、大急ぎでソフトウェアを書き換え、事件発生の翌16日には取引CD機が特定できるようにします。

その結果、16日正午に同銀行東京駅南口出張所のCD機から現金の引き出しがあったことが判明し、張り込みの刑事たちにより犯人の身柄が確保されます。

誘拐された真由子さんはその自宅アパートにいることが判明し、同日7時15分、41時間ぶりに無事保護されました。

犯人は当時23歳の男で、当初は歌手の佐川満男さん・伊東ゆかりさん夫妻の長女を誘拐する予定だったものの、住所が分からなかったために津川夫妻の長女にしたのだそうです。

津川邸の住所や間取りなどの知識は、週刊誌などで得ていたみたいですね。プライバシーの保護というのがいかに大事な権利であるか、よく分かる事件ですよね。

なお、裁判では犯人には懲役12年6ヶ月の実刑判決が言い渡されています。

ちなみに、誘拐には、未成年者を誘拐した場合(3ヶ月以上7年以下の懲役)や営利目的、わいせつ目的(1年以上10年以下)など、対象や目的によって刑罰の重さが変わりますが、中でも身代金目的のものは特に重く、無期懲役または3年以上の懲役となっています。

以上、津川雅彦さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。