白い巨塔、ひとつ屋根の下、救命病棟24時など数多くの作品で知られる俳優・江口洋介さん。

昔の若い頃は長髪(ロン毛)がトレードマークのトレンディドラマの常連で、年齢を重ねた今現在もとてもかっこいいですよね。

その江口洋介さんの妻は森高千里さんですが、結婚馴れ初め、結婚会見やデートのこと、子供の学校や年齢、名前など家族のことが話題のようです。

江口洋介さんの年齢や身長、高校や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

江口洋介さんのプロフィール

名前:江口洋介(えぐち ようすけ)
本名:同じ
出身地:東京都豊島区
生年月日:1967年12月31日
年齢:50歳(執筆時)
身長:185cm
血液型:O型
学歴:駒込高等学校卒業
職業:俳優
所属事務所:パパドゥ

江口洋介さんは1967年東京都豊島区生まれ。

私立駒込高等学校卒業後の1986年にドラマ『早春物語』でデビューし、翌87年に初主演を果たした映画『湘南爆走族』で一躍有名となります。

(『湘南爆走族』より。織田裕二さんと)

なお、「江口洋介」は本名であり、この映画の主人公の名前も「江口洋助」で非常に似ていますが、原作の漫画は82年から連載が始まっていたことから、偶然の一致みたいですね。

ただ、名前が似ている(ほぼ同じ)ことから目をつけられて抜擢された可能性はあるかもしれませんね。

翌88年に『翼をください』でドラマ初主演を果たします。

1990年代は『東京ラブストーリー』『愛という名のもとに』『101回目のプロポーズ』『ひとつ屋根の下』などトレンディドラマの常連として人気を博します。

(『ひとつ屋根の下』より。福山雅治さんと)

特に江口洋介さんが主演した1993年4月期のフジテレビ月9ドラマ『ひとつ屋根の下』は最高視聴率37.8%を記録。

これは現在に至るまでフジテレビドラマの歴代最高記録となっています。

江口洋介さんはシンガーソングライターとしても活躍!後年は社会派に

江口洋介さんはシンガーソングライターとしても才能を発揮し、『恋をした夜は』(92年)、『愛は愛で』(94年)など数多くのヒット曲を世に送り出します。

しかし、「役者と音楽を続けてきたけれど、1つのことを極めたかった」という考えから、99年以降は歌手活動をほとんど行わなくなります。

2000年代以降も、

『逃亡者 RUNAWAY』(04年、主演)
『トライアングル』(09年、主演)
『スクール!!』(11年、主演)
『dinner』(13年、主演)
『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年)
『BG~身辺警護人~』(18年)

『アナザヘヴン』(00年、主演)
『戦国自衛隊1549』(05年、主演)
『GOEMON』(09年、主演)
『洋菓子店コアンドル』(11年)
『るろうに剣心』(12年)
『天空の蜂』(15年、主演)
『人生の約束』(16年)

など数多くのドラマ、映画に主演・出演。

特に2000年代以降は、99年に始まる『救命病棟24時』シリーズ(主演)、タイの幼児売買春や人身売買の闇に切り込んだ08年の映画『闇の子供たち』、原発をテーマにした15年の映画『天空の蜂』など、社会派のドラマ・映画に進出するようになります。

(『救命病棟24時』シリーズより)

また、2004年に発生した新潟県中越地震後の被災地を取り上げた、2005年のフジテレビのドキュメンタリー番組『江口洋介が追い続けた一年~中越地震の町に咲いた超特大花火~』ではナビゲーターを務め、現地を取材しています。

なお、この番組で取り上げられた実話エピソードをもとに、引きこもりの兄とそれを励ます白血病の妹の交流を描いた2010年の映画『おにいちゃんのハナビ』が制作されています。

(『おにいちゃんのハナビ』より。高良健吾さんと谷村美月さん)

2010年1月以降は、役所広司さんの後継として『日経スペシャル ガイアの夜明け』で2代目案内人を担当。

現在に至るまで、幅広いジャンルで俳優として第一線で活躍を続けています。

次ページ:江口洋介さんの妻は森高千里さん。結婚馴れ初めが素敵!子供の名前や年齢、学校は?