八千草薫さんの結婚、旦那、子供

八千草薫さんは1957年に19歳年上の映画監督・谷口千吉さんと結婚しています。

谷口千吉さんのプロフィール

名前:谷口千吉(たにぐち せんきち)
出身地:東京府
生年月日:1912年2月19日
没年月日:2007年10月29日 95歳没
学歴:早稲田大学文学部英文科中退
職業:映画監督
所属:東宝

谷口千吉さんは1912年東京府生まれ。早稲田大学在学中の演劇活動を経て、1933年に助監督としてPCL(東宝の前身)に入社。

ほぼ同時期に入社し、共に山本嘉次郎監督の助監督についていた黒澤明、本多猪四郎は親友で、東宝では「芸術の黒澤、娯楽の谷口」と謳われるほどの力量の持ち主でした。

数多くのアクション路線の名作を世に送り出し、監督デビュー作の『銀嶺の果て』(47年、黒澤明脚本)、

(『銀嶺の果て』より)

『ジャコ万と鉄』(49年、黒澤・谷口脚本)、『暁の脱走』(50年、黒澤・谷口脚本)などは特によく知られています。

特に監督デビュー作の『銀嶺の果て』は、後に一連の黒澤明監督作品で「世界のミフネ」と称されるようになる三船敏郎さんのデビュー作として知られています。

当初三船敏郎さんはカメラマン志望でしたが、谷口千吉さんが説得して同作品への出演を承諾させたのだそうです。

その演技を見た黒澤明監督は、三船敏郎さんの類まれな才能を確信し、以後自身の作品の多くにキャスティングするようになりました。

そういう意味でも、谷口千吉さんが日本映画に成した貢献は多大なものがあったと言えます。

ただ、私生活の方はかなり奔放だったようで、3度の結婚を経験しており、八千草薫さんは3番目の妻になります。

谷口千吉さんは1938年12月に脚本家の水木洋子さんと挙式するも、翌年10月に離婚。

そして初監督作品の『銀嶺の果て』の撮影で知り合った当時20歳の清純派スター・若山セツ子さんと49年に結婚しますが、56年に映画『乱菊物語』の撮影で知り合った八千草薫さんと不適切な関係になり、同年離婚。

(『乱菊物語』より)

翌57年に八千草薫さんと3度目の結婚をします。

ただ、八千草薫さんとは95歳で誤嚥性肺炎により逝去するまで添い遂げ、子供はなかったものの、老齢になるまで恋人同士のように仲の良い夫婦だったといいます。

なお、谷口千吉さんはこのスキャンダルが祟り、3年ほど映画を撮らせてもらえない状態が続きますが、1960年『国定忠治』で復帰。

以後も数多くの作品を世に送り出しますが、1975年の『アサンテ サーナ』を最後に映画監督としての活動は見られなくなりました。

次ページ:八千草薫さんの意外な性格エピソード