無能の人、はみだし刑事情熱系、風林火山など数多くの作品で知られる女優・風吹ジュンさん。

昔若い頃も年齢を重ねた今現在もかわいい、綺麗と評判で、髪型やファッションも話題のようですね。

その風吹ジュンさんとは、どのような人なのでしょうか?若い頃はホステスで、「誘拐」されたこともあるそうですが…?

また、結婚や夫、子供など家族は?現在熱愛彼氏がいる?

風吹ジュンさんの年齢や身長、中学高校や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

風吹ジュンさんのプロフィール

名前:風吹ジュン(ふぶき じゅん)
本名:川添麗子(かわぞえ れいこ)
出身地:富山県富山市八尾町
生年月日:1952年5月12日
年齢:65歳(執筆時)
身長:157cm
血液型:B型
学歴:京都市立花山中学校卒業
職業:女優
所属事務所:パパドゥ

風吹ジュンさんは1952年富山県生まれ。

京都大学卒の高校教師の父親と母親の間に生まれましたが、小学5年生のときに両親が離婚。

兄とともに母親に引き取られますが、中学2年生のときに母親から育児放棄され、兄と京都に移住し、内職やアルバイトで生計を立てる日々を送ります。

生活は非常に貧しく、京都の家は裏が崖だったそうで、高校受験前には担任教師の家に身を寄せていたといいます。

そして京都市立日吉ヶ丘高等学校美術科を受験し、一次試験に合格。

ところが、二次試験当日に母親の再婚を知らされ、受験を放棄し、以後レストランなどで住み込みで働くようになります。

18歳のときに上京し、銀座の高級クラブに勤務し、クラブ在籍中の1971年にスカウトされ、芸能界入り。

なお、芸名の由来は風に吹かれたように出てきたから”風吹”、語呂が良いから”ジュン”とのことです。

こちらが若い頃の風吹ジュンさんです。

ビックリするくらい可愛いですね。また、現在の風吹ジュンさんに通じる面影がありますね。

こういう写真画像を拝見すると、現在の風吹ジュンさんが今なお美貌と可愛さ、若さを保っていることにも改めて感銘を受けます。

1973年には初代ユニチカマスコットガールに選出され、世界的な写真家であるデイヴィッド・ハミルトン氏のアジア人初のモデルとなります。

そして翌74年に歌手・女優としてデビューを果たし、歌手としてのデビューシングル『愛が始まる時』は10万枚のヒットを記録します。

風吹ジュンさんは若い頃に「誘拐」されていた!?

なお、風吹ジュンさんはデビュー間もなく「誘拐」騒ぎに巻き込まれています。

1974年9月12日から13日にかけて、風吹ジュンさんおよび当時所属していたB事務所の社長や社員が、暴力団関係者により都内の高級ホテルの一室に連れ込まれるという騒動が起きます。

そこには風吹ジュンさんが以前所属していたA事務所の社長、作詞家らが居合わせており、話し合いが持たれた結果、風吹ジュンさんのB事務所への移籍が無効であることを告げられたといいます。

どうやら、風吹ジュンさんを育てたA事務所の給料面に不満のあった風吹ジュンさんが、契約期間を残したままB事務所に移籍してしまったことがトラブルに発展したみたいですね。

このときは、B事務所の顧問弁護士の通報を受けて警察が出動し、風吹ジュンさんらは無事保護されています。

暴力団関係者は警察に連行されますが、風吹ジュンさんが「誘拐」を否定したことから事件化されず、釈放されています。

このスキャンダル以降、風吹ジュンさんの清純派アイドルとしての人気は急落したそうですが、女優として再出発し、以後数多くのドラマ、映画に出演。現在に至るまで、女優として第一線で活躍を続けています。

次ページ:風吹ジュンさんの結婚相手は川添象郎さん。離婚理由、子供について。現在熱愛彼氏が存在?