Gメン’75や医龍、ピンポンなど数多くの作品で知られる夏木マリさん。昔若い頃も、年齢を重ねた今現在も、とても綺麗でカッコイイと評判です。

ハーフやクオーターの噂もあるみたいですね。またうどん店「つるとんたん」との関係も話題のようです。

その夏木マリさんについて、結婚馴れ初め、夫・斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんや子供など家族、年齢や身長、血液型、高校や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

夏木マリさんのプロフィール

名前:夏木マリ(なつき まり)
本名:中島淳子(なかじま じゅんこ)
出身地:東京都豊島区
生年月日:1952年5月2日
年齢:65歳(執筆時)
身長:162cm
血液型:O型
学歴:豊島岡女子学園高等学校卒業
職業:女優、歌手

夏木マリさんは1952年東京都生まれ。

父親は早稲田大学卒の商社マンで、非常に英語が堪能で優秀なエリートだったといいます。

また、父親はクラシック音楽を愛好し、家にはたくさんのレコードがあり、周囲に音楽評論家になりたいと常々言うほどの筋金入りだったのだとか。

そのような環境で育った夏木マリさんは、子供の頃から歌が好きで、合唱部に所属し、中学時代には合唱部がなかったため自分で音楽サークルを立ち上げたのだそうです。

そして、東京・池袋にある豊島岡女子学園高等学校に進学すると、音楽大学受験のため、並行して音楽学校にも通うようになります。

1971年に高校を卒業しますが、大学へは進学せず、スカウトされて19歳のときに本名の「中島淳子」名義でシングル『小さな恋』にて歌手デビューを果たします。

本人はジャニス・ジョプリンのような曲を歌いたかったそうですが、実際には清純派アイドル路線で売り出されることになります。

しかし、デビュー後もそれほど注目をあつめることなく、数年が過ぎます。

夏木マリさんがセクシー路線で大ブレイク!

そして、1973年には路線を180度転換し、セクシー歌手・夏木マリとして『絹の靴下』をリリース。

この楽曲は大ヒットし、その後も『お手やわらかに』『夏のせいかしら』もヒットします。

セクシー路線に転向したことで大ブレイクを果たした夏木マリさんは、以後、歌番組出演などで超多忙な日々を過ごすことになります。

そして、無理がたたって低色素性貧血により倒れてしまい、3ヶ月の入院生活を余儀なくされ、復帰を果たしたものの、ふたたび仕事が激減。

以後、8年もの間、キャバレー回りを続けることになり、夢も希望を失った夏木マリさんは自らの意志で事務所を辞めてしまいます。

しかし、そんな失意の日々を過ごしていた夏木マリさんに、転機が訪れます。

次ページ:夏木マリさんの転機~現在、結婚、旦那の斎藤ノヴ(ノブ)さんについて。ハーフ説の真相は?