塚本高史さんのケンカ強いエピソード、武勇伝

塚本高史さんは喧嘩強いエピソードも話題です。

2017年4月7日放送の『ダウンタウンなう』ではその武勇伝?が披露されていました。

放送では、現在のバンド仲間の是石さんという男性から「ケンカが破壊的に強く格闘家並み」と明かされています。

具体的には、塚本高史さんが、是石さんの経営する店に初めて訪れた時、非常に生意気な態度だったため、是石さんが会計の際にぼったくろうとしたのだそうです。

すると、その金額を見た塚本高史さんも負けずに、

お兄ちゃん、安いねえ。タダと一緒じゃん!

と煽り返し、ヒートアップした2人は殴り合いの喧嘩に発展。その結果、是石さんは泣くまでボコボコにされてしまう羽目に。

塚本高史さんはなぜケンカが強い?

実は塚本高史さん、過去に少林寺拳法を習っていたそうで、ケンカが強いのも納得です。実際、放送では、松本人志さんに何人ぐらいならいけるか尋ねられ、

「3人ぐらいだったら怖くないですね」

と即答しています。

「怖くない」と即答しているところが、かなりケンカ慣れしていることをうかがわせますよね。ちなみに是石さんは、この件と合わせて過去2回ほどボコボコにされているのだそうです。

バンド仲間なのに不思議な関係に聞こえますが、実はこのエピソードは、まだ2人がまったく面識がない時代のことだったのだそうです。

そんなところから始まって、2度の「ボコボコ」を経て、今ではバンド仲間として仲良くやっているというのが興味深いですね。雨降って地固まるというやつでしょうかね。

塚本高史さんの結婚や妻、子供についてはこちら。妻は元AKB!?