不機嫌な果実、梅ちゃん先生など数多くのドラマ・映画作品で知られる南果歩さん。

2度の結婚歴があり、離婚した元旦那が辻仁成さん、現在の旦那が渡辺謙さんと、いずれも非常に著名な人物であることはよく知られています。

その南果歩さんと辻仁成さんの子供は息子のようですが、その現在は?また、辻仁成さんとの結婚馴れ初めや離婚原因理由は?

南果歩さんの年齢、身長、高校大学、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

南果歩さんのプロフィール

名前:南果歩(みなみ かほ)
出生名:同じ
出身地:兵庫県尼崎市
生年月日:1964年1月20日
年齢:54歳(執筆時)
身長:162cm
血液型:A型
学歴:尼崎市立尼崎高等学校、桐朋学園大学短期大学部卒業
職業:女優
所属事務所:ホリエージェンシー

南果歩さんは1964年兵庫県尼崎市生まれ。

尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部に進学。

短大在学中の1984年に映画『伽倻子のために』のヒロインオーディションに応募し、約2000人の中から選ばれ、芸能界デビューを果たします。

(『伽倻子のために』より)

翌1985年のポーラテレビ小説『五度半さん』ヒロイン役でドラマデビュー。

さらに翌1986年の坂東玉三郎さん演出の『ロミオとジュリエット』ジュリエット役で初舞台を踏みます。

以後、数多くのドラマ、映画、舞台に出演。

私生活では1995年に小説家・ミュージシャンの辻仁成さんと結婚し、同年長男を出産しますが、2000年に離婚。

その後2003年のドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙さんと2005年12月に再婚しています。

南果歩さんの最初の結婚相手は辻仁成さん

南果歩さんは1995年に小説家・ミュージシャンの辻仁成さんと最初の結婚をします。

(辻仁成さん)

2人を結びつけたのは、辻仁成さんの1990年の小説『クラウディ』でした。

馴れ初めは、南果歩さんが同作品に惚れ込み、知人を介して辻仁成さんを紹介してもらったことから。

その後、94年3月に辻仁成さんのロンドンでのレコーディングに南果歩さんが同行したことが明らかになり、熱愛が発覚。南果歩さんは当時、単独記者会見を開き、熱愛を肯定。

結婚の直接のきっかけとなったのは1995年1月のこと、当時、辻仁成さんが初映画監督作品『天使のわけまえ』(同年6月公開)を自主制作していたときに、南果歩さんが、

「指輪や家具を買うお金があったら、1フィートでも多く(映画の)フィルムを買ってください」

と言ったことでした。

辻仁成さんはこの言葉にいたく感じ入り、結婚を決意。同年3月に入籍します。

その後、1995年9月には長男が誕生。結婚後も、南果歩さんは1997年に映画『不機嫌な果実』で主演するなど、女優として活躍。

一方の夫の辻仁成さんも1997年に『海峡の光』で芥川賞を受賞するなど、小説家として順調にキャリアを積み上げていきます。

公私共に順風満帆に見えましたが、次第に夫婦の間に溝ができ、1999年夏頃には別居生活に入り、翌2000年3月30日に離婚。

慰謝料はなく、子供の親権は南果歩さんが持ち、辻仁成さんが月々の養育費を支払うという条件での離婚成立でした。

その後、南果歩さんは2005年に渡辺謙さんと再婚。辻仁成さんとの間の息子は現在、渡辺謙さんと養子縁組されているとのことです。

次ページ:南果歩さんと辻仁成さんの離婚理由、息子の現在について