ピンポン、西遊記などで知られる俳優の大倉孝二さん。個性派俳優にして身長がとても高く、面白いだけでなくかっこいいという声も少なくないみたいですね。

その大倉孝二さん、最近はねずみ男や大島優子さんとのことが話題ですが、どんな人なのか?

大倉孝二さんの結婚や妻、子供など家族について、身長や高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

大倉孝二さんのプロフィール

名前:大倉孝二(おおくら こうじ)
本名:同じ
出身地:東京都
生年月日:1974年7月18日
年齢:43歳(執筆時)
身長:187cm
体重:78kg
血液型:AB型
学歴:都立武蔵村山高等学校卒業
職業:俳優
所属事務所:CUBE
所属劇団:ナイロン100℃

大倉孝二さんは1974年東京都生まれ。

都立武蔵村山高等学校在学中にはバドミントン部に所属していました。

高校卒業後、舞台芸術学院に進学。在学中の1995年に劇団・ナイロン100℃のオーディションに合格。

同年、舞台『ウチハソバヤジャナイ~version100℃~』にて「ゲロを吐く男」の役で俳優デビューを果たします。

以後、舞台を中心に端役を多く演じる下積み時代を経ることになります。

大倉孝二さんの名前が広く知られるきっかけとなったのは、2002年7月公開の映画『ピンポン』でした。

同作品で大倉孝二さんは、特技の卓球の腕前を披露するとともに、「アクマ」こと佐久間学の強烈なキャラクターを好演、一躍脚光を浴びます。

以後、映画『ジョゼと虎と魚たち』『舞妓haaaan!!!』、大河ドラマ『新撰組!』、ドラマ『西遊記』『となりの芝生』など、数多くの話題作に出演。

(『西遊記』より)

(『となりの芝生』より。瀬戸朝香さん、泉ピン子さんと)

クセやアクの強い、インパクトのある役柄から、コミカルな役、気弱な役までを幅広く演じる個性派俳優として、第一線で活躍を続けています。

また、俳優以外にも、2014年には劇作家・演出家のブルー&スカイさんと組んだ演劇ユニット「ジョンソン&ジャクソン」を結成し、作・演出を手がけるなど、劇作家・演出家としても幅広く活躍しています。

ちなみに、同ユニットは2018年6月、7月に新作を上演するようですね。チケット販売は4月からとのことです。

次ページ:大倉孝二さんの結婚、妻、子供について。子育ての考え方が話題に!大島優子さんとの関係、ねずみ男についても!