天国の恋、ママはバレリーナ、クイックルワイパーCMなどで知られる床嶋佳子さん。若い頃は実際にバレリーナだったのですね。

若い頃も現在のすっぴんも美人と評判のようですね。

その床嶋佳子さんの結婚、旦那、彼氏について、身長、年齢、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

床嶋佳子さんのプロフィール

名前:床嶋佳子(とこしま よしこ)
本名:同じ
出身地:福岡県福岡市
生年月日:1964年9月23日
年齢:53歳(執筆時)
身長:162cm
体重:kg
スリーサイズ:86-62-85
血液型:A型
学歴:精華女子高等学校卒業
職業:女優
所属事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

床嶋佳子さんは1964年福岡県福岡市生まれ。父親は公務員という家庭に生まれました。

テレビで「白鳥の湖」を観たことがきっかけで、6歳ごろからバレエを始め、13歳の時にブルガリアのヴァルナ国際バレエコンクール・ジュニアの部に出場します。

地元・福岡の精華女子高等学校卒業後の1983年に上京し、松山バレエ団を経て84年より小川亜矢子バレエスタジオに在籍。

なお、小川亜矢子さんは日本を代表するバレリーナの1人として知られ、NYのメトロポリタン・オペラ・バレエに所属し、ローザンヌ国際バレエコンクールの審査員などを歴任。紫綬褒章、旭日小綬章を受章しています。

1986年には全日本バレエコンクール・シニア部門で第1位を獲得するという快挙を成し遂げます。

1988年には日米露合作ミュージカル『12ヶ月のニーナ』に主演し、これを契機に女優に転向します。

幼少の頃から他のことは何も考えず、バレエ一筋に生きてきたという床嶋佳子さんでしたが、バレエは衣装などに非常にお金がかかり、両親の負担が大きかったこと、そして将来もバレエで食べていく道は非常に厳しいことなどから、女優への転向を決意したのだそうです。

高校卒業後に上京した後も、筋肉の使い方など身体が崩れるという理由からアルバイトができず、両親から毎月20万円(!)もの仕送りを受けていたのだとか。

そして、1991年、27歳のときに安田成美さん主演のドラマ『ヴァンサンカン・結婚』で女優デビューを果たします。

以後『検事・霞夕子』『天国の恋』『ママはバレリーナ』で主演するなど、連続ドラマや2時間ドラマを中心に、数多くのドラマ、映画、舞台、CMに出演。

(『ママはバレリーナ』より)

(『天国の恋』より)

また、女優としての活動以外にも、靴のブランド「Primastyle」(プリマスタイル)のプロデュースを手がけるなど、実業家としても活躍しています。

床嶋佳子さんの水着ハイレグ画像?

床嶋佳子さんを検索すると、「水着」とか「ハイレグ」という関連キーワードが出てきます。

しかし、床嶋佳子さんは27歳で女優に転向するまで、バレエ一筋に生きてきた方ですので、過去にグラビアなどの経歴があるわけではないようです。

とは言え、元バレリーナという経歴から、五十路を迎えた現在もとても美しく、抜群のプロポーションを誇る床嶋佳子さんですから、そういうことに興味を持つ人が少なからずいるということなのでしょうね。

さすがに水着姿のものはないようですが、1991年のP&G「ウィスパー」CMに「バレリーナ・床嶋佳子」として、レオタード姿で出演していました。

また、過去に『徹子の部屋』に出演したときに、子供の頃のバレエのレオタード姿の写真が紹介されていました。

あどけない微笑みが可愛らしいですね。無駄な肉がなく、均整の取れた素晴らしいスタイルであることが分かります。

にもかかわらず、ご自身は自分の肉体にコンプレックスを抱えていたと語っています。国内でもトップレベルの実力をお持ちだったわけですから、審美眼も厳しいのでしょうね。

次ページ:床嶋佳子さんの結婚、彼氏、旦那は?美人なすっぴん画像も!