陣内孝則さんと言えば、君の瞳をタイホする、愛しあってるかい!などの月9ドラマをはじめ、トレンディー俳優として頂点を極めた俳優ですが、今現在は白髪や馬主のことも話題のようですね。

息子がアナウンサーという噂もあるようですが…?

その陣内孝則さんについて、結婚や妻、息子など家族、実家、身長や年齢、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

陣内孝則さんのプロフィール

名前:陣内孝則(じんない たかのり)
本名:同じ
出身地:福岡県大川市
生年月日:1958年8月12日
年齢:59歳(執筆時)
身長:176cm
血液型:B型
学歴:佐賀大学教育学部附属中学校、西南学院高等学校卒業
職業:俳優
所属事務所:ジェイ・オフィス

陣内孝則さんは1958年福岡県大川市生まれ。

大川市は古くから家具の町として知られており、陣内孝則さんの実家も、曾祖父の代から続く老舗木工所を家業としています(後述)。

陣内孝則さんは佐賀大学教育学部附属中学校を卒業後、1浪を経て、地元福岡の名門進学校・西南学院高等学校に進学。

こちらに西南学院高等学校の卒アル写真画像があります。

さすが、カッコイイですね。若い頃から雰囲気があります。ちなみにスマイリー原島さんは1年後輩で、1982年に博多でロックバンド「アクシデンツ」を結成、後に上京しています。

陣内孝則さんは1976年、高校2年のとき、ロックバンド「ザ・ロッカーズ」を結成し、ボーカルを担当。

同バンドは79年に地元福岡でのアマチュアバンド向けのコンテストで優勝し、翌80年にアルバム『WHO TH eROCKERS』でデビュー。

82年公開の石井聰互監督の映画『爆裂都市 BURST CITY』では、地元福岡のロックバンド「ルースターズ」の大江慎也さん、池畑潤二さんらとともに劇中バンド「バトル・ロッカーズ」のメンバーとして出演し、俳優デビューを果たします。

(『爆裂都市 BURST CITY』より)

映画公開の同年に「ザ・ロッカーズ」は解散。以後、陣内孝則さんは本格的に俳優を目指すことになります。

陣内孝則さんの無名時代~ブレイク~現在

俳優デビュー後、しばらくは無名時代が続きましたが、その時代に出演した舞台『リトルショップ・オブ・ホラーズ』での演技が、転機のきっかけとなります。

その芝居を観劇していた脚本家の倉本聰さんの目に留まり、陣内孝則さんは1986年の倉本聰さん脚本のドラマ『ライスカレー』に出演。

ドラマはヒットし、陣内孝則さんの名前は広く知られるようになり、以後、それまでとはうってかわって重要な役が多く舞い込むようになります。

中井貴一さんについて

特にフジテレビ月9ドラマ『君の瞳をタイホする!』『愛しあってるかい!』をはじめとするトレンディードラマに数多く出演、主演し、トレンディー俳優として抜群の知名度を誇り、一時代を築き上げます。

以後も数多くのドラマや映画、舞台に出演。

俳優以外にも、映画監督として、オムニバス作品『東京★ざんすっ』の「ランニング・フリー」(2001年)を皮切りに、

『ROCKERS』(2003年)
『スマイル 聖夜の奇跡』(2007年)
『幸福のアリバイ~Picture~』(2016年)

などの作品を公開するなど、幅広く活躍しています。

次ページ:陣内孝則さんの白髪は本物?実家は老舗で大所帯!妻は美人モデルで息子はフジテレビ!