NHKスゴワザの世界最速自転車プロジェクトチームのライダーとして参加する小森亮平選手。

愛三工業レーシングチームに所属しているそうですが、どのような方なのか、戦績や学歴といった経歴、wikiプロフィールに興味があったので、調べてみました。

小森亮平さんのプロフィール

名前:小森亮平(こもり・りょうへい)
出身地:広島県福山市
生年月日:1988年9月26日
身長:180センチ
体重:70キロ
学歴:広島県立福山誠之館高等学校卒業
職業:自転車競技(ロードレース)選手
所属:愛三工業レーシングチーム(監督:別府匠)

小森亮平さんはこんな人

小森亮平さんは広島県福山市生まれ。

中学生の頃には、すでにマウンテンバイクに興味を持ち、高校生の頃には本格的に競技を始めます。

最初はマウンテンバイクだったのですが、ロードレースにも興味を持つようになり、2006年の高校3年の夏休みにフランスへ行き、本格的にロードレースに開眼。

この頃に、フランス・ベルギーを拠点に活躍していた福島晋一選手らと交流を持つようになり、またフランス人の知り合いも増えます。

高校卒業後の2007年、2008年は、そうやって築いてきた人脈を頼りに、単身フランスに渡ります。

最初はまったくフランス語はできなかったそうですが、1年間のフランス生活で、日常会話レベルにはこぎつけたのだそうです。

「やれば何とかなるだろう」と思っていたとのことで、素晴らしい行動力ですよね。

シーズンを通してフランスで活動するようになり、2008年の全日本選手権U-23で優勝を果たします。

同年には梅丹本舗(めいたんほんぽ)に所属。

翌2009年、アメリカのトレック・リブストロング(Trek Livestrong)に移籍しますが、2010年にフランスのヴァンデUに所属。

2009年と2010年には、世界選手権U-23の日本代表に選出されます。

2011年からはチームNippoに所属し、イタリアを拠点に活躍。

2013年に日本のチームユーラシア所属(本拠地はベルギー)を経て、2014年からは愛三工業レーシングチームに所属しています。

愛三工業は、自動車部品メーカーで、2006年からUCIコンチネンタルチームに登録。

コンチネンタルチームとは、国際自転車競技連合(UCI)による格付けの1つで、UCIワールドチーム、プロフェッショナルコンチネンタルチームに次ぐランクです。

日本では歴史が長く、実績もあるチームとのことで、小森亮平さんは憧れていたのだそうです。

そこでどうしたかと言うと、直接自分から連絡を取り、監督に面接をしてもらい、そのまま採用されることになったのだとか。

海外渡航のときもそうですが、この積極性、行動力が現在の小森亮平さんを作り上げてきたのでしょうね。

スゴワザではどのような走りを見せてくれるのでしょうか?

そして、今後本業のロードレースにも期待です。

以上、小森亮平さんについてでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

世界最速自転車の池上敦哉さんについてはこちら

>>他のスゴワザ人はこちらをどうぞ。