書道家・山崎秀鴎(やまざきしゅうおう)さんが4月23日の有吉反省会に登場します。

とくダネ!のゲストコメンテーターとして出演しているので、わりと顔なじみの人もいると思います。

作品も有名なものが結構あるみたいで、またフルフェイスパックやバラ風呂という特殊な性癖?もお持ちのようです。

山崎秀鴎さんはどんな人なのか?

興味津々だったので、本名や経歴や家族、作品など、wikiプロフィールなどいろいろ調べてみました。

山崎秀鴎(しゅうおう)さんのwiki(風)プロフィール

yamazakishuo4

本名:山崎裕之
雅号:山崎秀鴎(秀鷗)
生年月日:1960年(昭和35年)生まれ
学歴:大東文化大学文学部中国文学科卒業

山崎秀鴎さんは本名を山崎裕之さんといいます。

秀鴎というのは略字で、正式には秀鷗と書くようです。

秀でた鷗(かもめ)って、面白い名前ですけど、書道家には多い名前の付け方なんでしょうかね?

字面がいいですよね。格調高くて、いかにも書道家という感じです。

12歳の頃から若山霞水さんという書道家に師事し、なんと高校3年生で自分の書道教室を開塾したのだそうです(!)

若山霞水さんの他に、井野大雲さん、中島玉鳳さんといった書道家に師事し、どんどん実力を磨いていきます。

大東文化大学文学部の中国文学科を卒業後は、戸板女子高等学校で書道の先生として勤務し、その後デザイン会社に就職、筆文字のデザイナーとして活躍、1992年には山崎デザインとして独立。

筆文字デザイナーとして、かなり有名な映像作品や漫画のタイトルなどに数々の題字を提供しています。

北野武監督の「あの夏、いちばん静かな海。」

yamazakishuo1

本宮ひろ志さんの「俺の空」

yamazakishuo2

姜尚中さんの「心」

yamazakishuo3

などなど。

デザイナーとしての活動と並行して、NHKやホテル日航東京、玉川高島屋などで個展を開催するなど、書道家としての活躍も目覚ましいです。

山崎秀鴎さんの家族は?

さて、山崎秀鴎さんの家族について興味があって、こちらも調べてみたのですが、はっきりしたことは分かりませんでした。

しかし、山崎秀鴎さんのブログの2014年のある日のエントリーに、

どうか私を捨てないで!
あっ、私、そういえば相手いなかった(-_-;)

というものがあったので、独身である可能性は高そうです。

まあ、性癖?からして、自由奔放なアーティスト気質の方のようですから、身を固めるというのは性分に合わないのかもしれませんね^^;

山崎秀鴎さんの性癖。オネエ?

2016年4月23日の有吉反省会に出演し、その性癖?を自分で暴露する山崎秀鴎さん。

フェイスブックでは、フルフェイスパックや、

バラ風呂に浸かっている写真をアップしています。

こちらのバラ風呂は、友人からのプレゼントだそうですね。

これは習慣的なものなのでしょうか?それとも一過性のものか?

試してみた、というのと、普段からやってます、というのでは、全然違いますからね。

山崎秀鴎さんによると、「女性の美しさを追求している」とのことですが・・・

男性にして女性の美しさを追求するとは、これいかに?

独身でもあるし、もしかしてオネエなのか?とも思いましたが、心の中までは分かりませんよね。

有吉反省会では、どのような一面を見せてくれるのか、とても楽しみですよね。

以上、山崎秀鴎さんについてでした。