スケバン刑事などで知られるナンノこと南野陽子さん。夫の金田充史さんには様々な噂がつきまとっているようですが、どんな人なのか?

子供は?また実家が金持ちという噂は?

南野陽子さんの身長や年齢、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

南野陽子さんのプロフィール

名前:南野陽子(みなみの ようこ)
本名:同じ
出身地:兵庫県
生年月日:1967年6月23日
年齢:50歳(執筆時)
身長:161.8cm
血液型:B型
学歴:堀越高等学校卒業
職業:女優、歌手
所属事務所:ケイダッシュ

南野陽子さんは1967年兵庫県生まれ。

松蔭高等学校2年生の夏に上京し、堀越高等学校に編入し、1984年秋にドラマ『名門私立女子高校』で芸能界デビューを果たします。

1985年6月には『恥ずかしすぎて』でアイドル歌手としてデビュー。

同年11月のドラマ『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役の2代目・麻宮サキを演じ、デビューからわずか1年で、一躍トップアイドルの仲間入りを果たします。

1987年の映画『スケバン刑事』にも主演し、自らの歌う主題歌『楽園のDoor』がオリコン1位を獲得。

以後、『話しかけたかった』『はいからさんが通る』『吐息でネット』などヒット曲を連発し、8作連続オリコン1位を獲得するという快挙を成し遂げます。

1988年にはブロマイド年間売上第1位を獲得。

以上のように、南野陽子さんのデビュー直後からのアイドルとしての活躍はめざましく、同時期にトップアイドルだった中山美穂さん、工藤静香さん、浅香唯さんと合わせて「アイドル四天王」の一角と目されます。

90年代に入ってからは、映画『寒椿』などで主演し、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞するなど、アイドルから本格的な女優への転身を遂げます。

(『寒椿』より。西田敏行さんと)

以後、数多くのドラマ、映画、舞台に主演、出演。現在に至るまで女優として、またラジオパーソナリティ、歌手、タレントとして、第一線で多彩な活躍を続けています。

南野陽子さんの実家は金持ち?

南野陽子さんの実家について、「金持ち」という噂があるようです。

しかし、実際には、父親はごく一般的なサラリーマンという家庭だったそうで、特に金持ちだったというわけではないようです。

父親はとても厳格で、派手なことを嫌う性格だったらしく、南野陽子さんの芸能界入りには猛反対していたのだそうです。

ただ、教育熱心な家庭だったらしく、南野陽子さんは幼少からバレエやピアノ、習字など、たくさんの習い事をなさっていたそうです。

また、母校である神戸市の松蔭中学校・高等学校は、地元では有名なお嬢様学校なのだそうです。

これらのことを合わせると、おそらく特別に富裕層というわけではないものの、子供の教育にはお金を惜しまなかったのでしょうね。

代表作とも言える『スケバン刑事』の役柄とは裏腹に、実際の南野陽子さんは、とても教養があり、育ちの良い、上品な雰囲気があります。

そういったことから、「南野陽子さんの実家は金持ち」という噂が出てきたのかもしれませんね。

なお、南野陽子さんは芸能界で成功した後、両親のために兵庫県の宝塚に3億円といわれる豪邸を建てています。

近年は、持病の悪化した父親を月の半分は自宅に呼び寄せて、超多忙な中、自らの手で介護をなさっているのだそうです。

かつてはいろいろ父娘で確執があったと言われていますが、やはり大事なお父さんなのですよね。とても親孝行で、素敵ですよね。

次ページ:南野陽子さんの夫・金田充史さんの数々の疑惑について。結婚前の恋愛遍歴についても!