中井貴一さんの結婚、嫁

中井貴一さんは2000年9月18日、39歳の誕生日に5歳年下の麻友子さんという女性と結婚しています。

麻友子さんは、中井貴一さんの友人の勤務先の同僚で、2年の交際を経て結婚に至ります。

結婚の決め手となった要因の1つに「立ち食いそばデート」があるのだそうです。

つきあい始めの頃、デートの約束をしたものの、超ハードな撮影が続き、銀行に行く暇もなく、疲労もピークに達していたという中井貴一さん。

苦肉の策として思いついたのが、学生時代からの行きつけの立ち食いそば屋でデートするというアイデアでした。

「いいところがあるんだけど」って言って誘ったんです。そしたら「うん、いいよ」って。初めてだったみたいですけど「おいしいね」って言って食べてくれたんです。これならやっていけるなって(笑い)。

肩の力が抜けていて、交際当時からとても良い関係だったみたいですね。結婚したらいつも一緒にいるわけですから、こういうことがとても大事なのかもしれませんね。

中井貴一さんと妻のもう一つの素敵なエピソード

麻友子さんに関しては、他にも素敵なエピソードがあります。

中井貴一さんは、父親の佐田啓二さんが37歳で亡くなったことから、自分も37歳までしか生きられないのではないか、という思いをずっと抱いていたのだそうです。

そのため結婚など考えることができなかったといいます。

しかし、中井貴一さんの38歳の誕生日の時に、麻友子さんが友人を誘ってパーティを催してくれ、そのときに

「よかったね、生きれて」

と祝福してくれたのだそうです。

なかなかこういう言葉は出てきませんよね。中井貴一さんのことを誰よりも大切に思い、深く理解し、共感していたからこそ出てくる言葉なのだろうと思います。

麻友子さんは結婚後も働き続けているそうです。中井貴一さんにとっては大切なパートナーとのことで、現在もお互いを尊敬しあい、とても仲の良い夫婦のようですね。

なお、子供についてですが、特に出産の報道などがなされたわけではないようですので、いらっしゃらないものと思われます。

以上、中井貴一さんについてでした!