スチュワーデス物語や銭形平次で知られる風間杜夫さん、最近はピースなどの一人芝居や落語などが話題のようですね。

その風間杜夫さんについて、結婚や妻、子供など家族、身長、大学、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

風間杜夫さんのプロフィール

名前:風間杜夫(かざま もりお)
本名:住田知仁(すみた ともひと)
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1949年4月26日
年齢:68歳(執筆時)
身長:171cm
血液型:O型
学歴:早稲田大学第二文学部演劇専修中退
職業:俳優

風間杜夫さんは1949年東京都生まれ。父親はかつて存在した映画会社・新東宝で営業を担当していました。

1957年、8歳の時に児童劇団『東童』に入団。子役としてすぐに頭角を著し、数々の東映作品に出演し、人気を博します。

なお、子役時代は本名の「住田知仁(すみた ともひと)」名義で出演していました。

1962年、13歳のときに同劇団を退団しますが、以後も玉川学園の中高時代に演劇部に在籍するなど、演劇に関わり続けます。

早稲田大学第二文学部演劇専修に入学し、本格的に演劇活動を開始。

1971年、22歳のときに劇団『表現劇場』を結成。なお、同劇団には、後にシティボーイズを結成する大竹まことさん、きたろうさん、斉木しげるさんも在籍していました。

1972年、日活ロマンポルノ作品で「風間杜夫」名義にて映画デビュー。

1974年、NHK大河ドラマ『勝海舟』でテレビドラマデビューを果たします。

風間杜夫さんの大きな転機は『蒲田行進曲』

風間杜夫さんの俳優としてのキャリアの大きな転機となったのは、1982年の深作欣二監督の映画『蒲田行進曲』(脚本・つかこうへいさん)です。

なお、同作品は松竹の配給ということで、当時専属女優だった松坂慶子さんがヒロインの小夏役にまず決まったものの、その恋人である銀四郎役の選出は難航したそうです。

最終的に、舞台でつかこうへい作品に多く出演していた風間杜夫さんが、撮影直前になって監督により抜擢されたのだとか。

そして、この作品は17億6000万円の配給収入を記録する大ヒット。アンコール上演も行われるほどの盛況ぶりで、日本アカデミー賞で

最優秀作品賞
最優秀監督賞
最優秀脚本賞
最優秀主演男優賞
最優秀主演女優賞
最優秀助演男優賞
最優秀音楽賞

を受賞するほか(風間杜夫さん個人は助演男優賞)、ブルーリボン賞、キネマ旬報ベスト・テンなど、映画界の各賞を多数受賞しています。

なお、2018年の大河ドラマ『西郷どん』では、西郷隆盛の父親役を風間杜夫さん、母親役を松坂慶子さん、大久保利通の父親役を平田満さん(銀四郎の子分・ヤス役)が演じており、35年ぶりに「蒲田行進曲トリオ」が共演を果たしたことが話題になりました。

(参考:『蒲田行進曲』でのお三方)

『蒲田行進曲』で一躍脚光を浴びるようになった風間杜夫さんは、さらに翌1983年のTBSドラマ『スチュワーデス物語』の村沢浩教官役でその人気を決定づけます。

(『スチュワーデス物語』より。堀ちえみさんと)

以後も数多くのドラマ、映画、舞台に出演。声優としての活躍も著しく、海外ドラマ『X-Files』のモルダー役や、アニメ『アカギ』の浦部役などがよく知られています。

また、受賞歴も華々しく、『ひとり芝居』などでの功績が認められ、2003年に文化庁芸術祭演劇部門・大賞および読売演劇大賞・最優秀男優賞を受賞し、2010年に紫綬褒章を受章するなど、数多くの賞を受賞しています。

次ページ:風間杜夫さんは麻雀、落語もすごい!【動画】結婚、嫁は?子供は息子と娘でいずれも優秀!