田中裕子さんは、古くはおしんや天城越え、最近では『まれ』など数々の作品で知られますが、その今現在は?

若い頃からかわいい、そして現在に至るまでその独特の色気や魅力には定評があるようですね。

その田中裕子さんについて、身長や高校大学、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

田中裕子さんのプロフィール

名前:田中裕子(たなか ゆうこ)
本名:澤田裕子(さわだ ひろこ)旧姓田中
出身地:大阪府池田市
生年月日:1955年4月29日
年齢:62歳(執筆時)
身長:160cm
血液型:B型
学歴:北海道札幌西高等学校、明治大学文学部演劇学科卒業
職業:女優
所属事務所:アニマ出版

田中裕子さんは1955年大阪府生まれ。

北海道札幌西高等学校卒業後、藤女子短期大学中退を経て明治大学文学部演劇学科へ進学。

明治大学在学中の1978年に文学座に入り、79年のNHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』でヒロインの妹役を演じてドラマデビュー。

1981年の映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞および新人俳優賞を受章するなど、その演技力の高さは早くから注目されていました。

そして1983年には、NHK連続テレビ小説『おしん』の主役・おしんの青年期を演じます。

同作品は平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という、テレビドラマ史上最高視聴率記録を持つ、伝説的なテレビドラマとして知られています。

後にアジア各国を中心に世界68ヶ国で放映され、おしんの生き様が世界中の人々の共感を呼び、爆発的な人気となります。

さらに同じ1983年には、映画『天城越え』でモントリオール世界映画祭主演女優賞を受賞。

田中裕子さんは、女優としてのキャリアをスタートさせてからわずか5年で、国民的かつ世界的な知名度を得ることになりました。

また、女優以外にも、80年代は歌手としても活動しており、1986年には『ザ・ベストテン』にてシングル曲『チャイナ・ドール』を披露するほか、『泳いでる…』『女が男を愛せる瞬間』などいくつかのアルバムをリリースしています。

1985年に文学座を退団して以降も、TBS『向田邦子新春シリーズ』やNHK『蒼穹の昴』などのドラマ、『二十四の瞳』『いつか読書する日』『火火』などの映画をはじめ、数多くの作品に主演。

(『いつか読書する日』)

受賞歴も多く、

2005年、映画『いつか読書する日』『火火』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞

2010年、ドラマ『Mother』で第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞

2013年、映画『共喰い』『はじまりのみち』でキネマ旬報ベスト・テン助演女優賞

を受賞し、2010年には紫綬褒章を受章しています。

近年も、2015年の映画『深夜食堂』や2017年のNHK『絆~走れ奇跡の子馬~』、2018年の日本テレビ『anone』などドラマ、また舞台でも2015年『桜の園』、2015年と2017年『NINAGAWA・マクベス』など、数多くの話題作に出演しており、日本を代表する女優の1人として、第一線で活躍を続けています。

次ページ:田中裕子さんの色気に対する声。その色気はどこから来る?