星野真里さんと言えば、金八先生の娘・坂本乙女役や、「さよならみどりちゃん」のヌーディな体当たり演技が有名ですが、その今現在は?

星野真里さんの旦那・高野貴裕さんや子供、韓国のことについて、年齢や高校大学、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

星野真里さんのプロフィール

名前:星野真里(ほしの まり)
本名:高野真理(たかの まり)
出身地:埼玉県上福岡市
生年月日:1981年7月27日
年齢:36歳(執筆時)
身長:156cm
血液型:O型
学歴:青山学院中等部・高等部、青山学院大学文学部フランス文学科卒業
職業:女優
所属事務所:トルチュ

星野真里さんは1981年埼玉県生まれ。

星野真里さんは7歳の頃より劇団東俳に所属し、子役として活動を開始。

1995年のNHK連続テレビ小説『春よ、来い』でデビューし、同年より『3年B組金八先生』に坂本乙女役として出演し、広く知られるようになります。

以後、1997年のTBS系『WHO!?』で連続ドラマ初主演、や1998年に『虹をつかむ男 南国奮斗篇』で映画初出演を果たします。

2005年には『さよならみどりちゃん』で映画初主演。同作では、一糸まとわぬ姿での体当たりの演技が大きな話題となります。

そして、その演技は国際的にも高く評価され、アジア・アフリカ・ラテンアメリカ作品を対象とする第27回ナント三大陸映画祭で主演女優賞を受賞するという快挙を成し遂げます。

以後も数多くのドラマ、映画、舞台に出演。2007年には『サムシング・スイート』で舞台初主演を果たし、2010年には初エッセイ『星野真里の地味な生活』を出版。

近年も、2014年の東海テレビ『シンデレラデート』で主演したり、2017年には『べっぴんさん』『奥様は、取扱い注意』などにゲスト出演したり、『山村美紗サスペンス』『西村京太郎トラベルミステリー』といった人気の単発ドラマなど、数多くの作品に出演し、第一線で活躍を続けています。

星野真里さんと韓国の関係は?

星野真里さんを検索すると、「韓国」という関連キーワードが出てきます。

気になったので調べてみたのですが、どうやらネット上では、星野真里さんは在日韓国人で、本名が「李真里」であるという噂が一部であるようなのです。

しかし、これは根も葉もない、完全なガセネタだと思われます。何を根拠にこういう話が出てくるのかよく分かりません。

星野真里さんの実家である星野家は、地元では江戸時代から船問屋(廻船問屋、回漕問屋)である「福田屋」を営む商家として知られていました。

船問屋というのは、河岸や港で商船を対象として様々な業務を行った問屋のことです。

船問屋は積荷の引取・売買だけではなく、積荷の保管・管理、売買相手の斡旋・仲介、相場情報の収集・提供、船舶に関わる諸税の徴収、船具や各種消耗品の販売などその扱う分野は幅広いものがあった。

出典:Wikipedia「船問屋」

福田屋の建物は現在、埼玉県ふじみ野市の文化財として保存されており、また古文書「福田屋文書」が上福岡歴史民俗資料館に保管されています。

江戸時代から衆議院議員を務め、東武鉄道(現・東武東上線)の敷設に尽力した明治・大正期の政治家・実業家の星野仙蔵が、星野真里さんの曽祖父にあたります。

なお、星野真里さんの実家は、現在は地元の上福岡でタバコ屋を経営していて、埼玉県で最も売上の大きいお店なのだそうです。

実際の星野真里さんは、非常に歴史と由緒のある商家の出だったのですね。

次ページ:星野真里さんの旦那、結婚馴れ初め、子供について