相棒や呑み鉄、バンドなどで知られる六角精児さんはどんな人なのか?

結婚歴/結婚回数が凄いと話題ですが、嫁,子供は?なぜそんなにモテるのか?

六角精児さんの本名や身長、高校大学、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

六角精児さんのプロフィール

名前:六角精児(ろっかく せいじ)
本名:山地克明(やまじ かつあき)
出身地:兵庫県高砂市(姫路市生まれ)
生年月日:1962年6月24日
年齢:55歳(執筆時)
身長:175cm
血液型:O型
学歴:神奈川県立厚木高等学校卒業、学習院大学中退
職業:俳優
所属劇団:劇団扉座
事務所:舞プロモーション

六角精児さんは1962年兵庫県生まれ。

小学生の頃に神奈川県相模原市に引っ越し、神奈川県立厚木高等学校に進学し、演劇部に入部。

と言っても、六角精児さんは当初、芝居にはまったく興味がなかったそうです。

同高校では当時、生徒全員が部活に入部する決まりで、たまたま誘われたから入っただけで、「すぐ辞められそうだと思っていた」のだそうです。

なお、当時の演劇部部長は後の「劇団扉座」座長となる横内謙介さんで、六角精児さんは現在に至るまで同劇団に所属しています。

高校卒業後、浪人生活を経て学習院大学に入学するも、横内謙介さんの劇団での活動に時間を取られ、中退。

大学時代からギャンブルにのめり込み、大学中退後も40代まで依存は続いたといいます。

俳優としても、下積み生活が長く続きましたが、2005年のドラマ『電車男』あたりからテレビでのレギュラー出演が入るようになり、40代にしてようやく借金の完済に成功。

以後も、『相棒』の米沢守役をはじめとする数多くの話題のドラマ、映画に出演。

また、NHK BSプレミアム『六角精児の呑み鉄本線・日本旅』に出演したり、アコースティックバンド『六角精児バンド』を結成し、ボーカルを担当、下北沢のライブハウス等で活動するなど、幅広く活躍しています。

六角精児さんの本名

六角精児さんの本名は

山地克明(やまじ かつあき)

といいます。

ですので、俳優の六角慎司さん(こちらは本名)とは特に血縁関係があるというわけではないようです。

「六角精児」の芸名の名付け親は、高校時代の演劇部の部長で、現在の所属劇団「劇団扉座」座長の横内謙介さんだそうです。

「とにかくインパクトのある名前を」ということで名付けられ、「精児」は「精子」に由来しているのだとか。

なお、六角精児さんの父親・山地悠一郎さんは、南朝史や戦中戦後史を主な対象とする歴史研究家として知られており、『護良親王の伝説』『昭和史疑』『南朝・最後の証言』『秘史回廊』などの著作があります。

次ページ:六角精児さんの結婚歴がすごい!結婚回数は?嫁、子供は?なぜモテる?