ごくせん、ドクターX、べっぴんさんなどで知られる俳優の生瀬勝久さんの嫁・堀本陽子さんが超絶美人と話題です。

また、若い頃の上岡龍太郎さんとのことも。

その生瀬勝久さんについて、身長や子供、大学、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

生瀬勝久さんのプロフィール

名前:生瀬勝久(なませ かつひさ)
本名:同じ
旧芸名:槍魔栗三助(やりまくり さんすけ)
出身地:兵庫県西宮市
生年月日:1960年10月13日
年齢:歳(執筆時)
身長:178cm
体重:70kg
血液型:O型
学歴:同志社大学社会学部社会学科卒業
現職:俳優
所属事務所:リコモーション

生瀬勝久さんは1960年兵庫県西宮市生まれ。

1980年に同志社大学社会学部に入学し、同大の劇団「第三劇場」に所属。

1982年には京大系の劇団「そとばこまち」の2代目座長・辰巳琢郎さんにスカウトされ、翌83年に「そとばこまち」入団。

学生時代には槍魔栗三助(やりまくり さんすけ)の芸名で活動しています。

86年に大学を卒業しますが、企業からの内定を蹴って演劇の道を歩み、88年に「そとばこまち」の4代目座長に就任。

槍魔栗三助名義で、関西圏の準キー局である読売テレビの深夜番組『週刊テレビ広辞苑』『現代用語の基礎体力』『ムイミダス』などに相次いで出演。

そのコメディアンとしての才能が高く評価され、好評を博します。

そして、1988年にNHK連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』にレギュラー出演を果たします。

なお、同ドラマ出演の際、「槍魔栗三助」の芸名はNHKにふさわしくないという理由により芸名を本名の「生瀬勝久」に改名、現在に至ります。

ちなみにこの芸名、『純ちゃんの応援歌』の放送が終わったら元に戻す予定だったらしいのですが、このドラマで全国的に有名になったため、そのまま本名で通すことになったそうです。

この出演を皮切りに、以後数多くのドラマ、映画、舞台に出演。

全国区への活動に本格的に進出していくために、2001年には劇団「そとばこまち」を退団します。

以後、現在に至るまでシリアスもコミカルも幅広く演じられる名脇役として活躍。

その一方で『トリック』のスピンオフである2010年のドラマ『警部補矢部謙三』で連続ドラマ初主演を果たし、

また2012年の映画『スープ~生まれ変わりの物語~』では、映画単独初主演を果たしています。

生瀬勝久さんの結婚。妻の堀本陽子さんが美人!

生瀬勝久さんは、モデルの堀本陽子さんと結婚しています。

堀本陽子さんのプロフィール

名前:堀本陽子(ほりもと ようこ)
出身地:大阪府
生年月日:1973年6月18日
年齢:44歳(執筆時)
身長:170cm
スリーサイズ:80-59-86
現職:モデル
資格:ヨガインストラクター

堀本陽子さんは生瀬勝久さんの12歳年下で、ファッションモデルとして雑誌『セブンティーン』の専属モデルなどを務めていたそうです。

また、CMにも出演経験があります。

本物の美人はどう映っても美人であることがよく分かる動画ですね。

馴れ初めは、生瀬勝久さんの舞台を観に行った堀本陽子さんが、電話番号付きのファンレターを書いたことから。

当時、生瀬勝久さんは28歳、堀本陽子さんは16歳だったのだそうです。

それからしばらくの間は俳優とファンの関係だったそうですが、堀本陽子さんが20歳のときから交際が始まったそうです。

さすがに16歳の女子学生とは交際はできなかったのでしょうね。

生瀬勝久さんが28歳のときというのは、ちょうど『純ちゃんの応援歌』に出演したくらいの頃ですね。

それまで「槍魔栗三助」の芸名を名乗っていたわけですが、さすがに名は体を表していなかったようで、安心しました(^_^;)

結婚は交際を始めてから4年後の1997年のことで、ハワイで挙式したとのことです。

結婚して20年以上経ちますが、今でもとても仲良しのようで、以前、生瀬勝久さんは人生における一番の宝物を訊かれた時に、「妻です」と即答していたのだそうです。

次ページ:生瀬勝久さんの子供について。上岡龍太郎さんとのトラブルとは?