元宝塚の鳳蘭さん、70歳を過ぎた今現在も綺麗ですが、ハーフなのでしょうかね?

また、医者の旦那や娘のことなども話題です。

その鳳蘭さんについて、事務所や父親など家族、経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

鳳蘭さんのプロフィール

名前:鳳蘭(おおとり らん)
出身地:兵庫県神戸市
生年月日:1946年1月22日
年齢:71歳(執筆時)
身長:170cm
血液型:A型
学歴:神戸中華同文学校、宝塚音楽学校卒業
現職:女優
所属事務所:株式会社鳳蘭事務所

鳳蘭さんは1946年兵庫県神戸市生まれ。

両親は上海から渡ってきた中華系で、鳳蘭さんのもともとの国籍は中華民国でした。

出生名は荘芝蘭(ツエン・ツーレイ)で、子供の頃に両親から「ツレちゃん」と呼ばれており、宝塚以降の鳳蘭さんの愛称にもなっています。

現在は日本国籍を取得し、本名は「荘田蘭」となっています。

鳳蘭さんの実家は神戸の外国人居住区にある「ジェームス山」というところにありました。

鳳蘭さんが生まれる直前に家が台風で流されたため、貸してもらった外国人宅の馬小屋で生まれたのだそうです。

そのため、宝塚時代には「キリスト蘭」とあだ名されていたのだとか。

神戸中華同文学校卒業後の1962年に宝塚音楽学校に入学し、1964年に宝塚歌劇団に入団。

1970年に安奈淳さんとともに星組トップスターに就任し、74年に安奈淳さんが組替えしてからは単独でトップを務めます。

1979年に宝塚を退団後は、ミュージカルを中心に活躍。

2005年に紫綬褒章を、2016年に旭日小綬章を受章しています。

鳳蘭さんは、近年も2015年『ハムレット』や2016年『ライ王のテラス』、2017年『屋根の上のヴァイオリン弾き』など現役の舞台女優として活躍。

また、2008年以降、宝塚音楽学校受験やミュージカル・舞台で活躍するプロを目指す人たちのためのスクールである「鳳蘭レビューアカデミー」を運営しています。

他に、北京料理への造詣も深く、フランチャイズの「北京料理 萬楽」のオーナーを務めるなど、女優、教育者、実業家として第一線で活躍を続けています。

鳳蘭さんはハーフ?

鳳蘭さんを検索すると、「ハーフ」という関連ワードが出てきます。

確かに、鳳蘭さんは西洋人風の顔立ちで、ハーフのようにも見えますが、実際にはご両親とも中国人なのだそうです。

父親は上海から神戸に移住し、洋服の仕立て屋を営んでいた頑固な職人気質の人だったといいます。

鳳蘭さんが食事のときに行儀が悪いと、妻(鳳蘭さんの母親)に包丁を持ってこさせるという、非常にしつけに厳しい人だったのだとか。

そんな父親は、口癖のように「目立つな」「早く結婚しろ」と娘の鳳蘭さんにずっと言い続けてきたのだそうです。

鳳蘭さんはその西洋風の顔立ちのため、子供の頃にはいじめに遭ったこともあるそうです。

鳳蘭さんは、子供の頃、髪を伸ばして顔を隠していたそうですが、父親の教えと、その経験が大きかったのでしょうね。

なお、ネット上では、父親がアメリカと中国のハーフ、母親がアメリカと日本のハーフという情報も一部で見られますが、事実ではないようです。

実際にはご両親とも純粋な?中国系とのことです。

木村:でも、中国系には見えないですけどね。どうみても欧米系ですよね。ライザ・ミネリに似てると言われませんか?

鳳:よく言われますよ。彼女とは同い年。宝塚の頃、新聞にも「ライザ・ミネリにそっくりだ。鳳蘭のほうが美しい」って、ほんとに出たのよ。だから、ライザ・ミネリの映画の吹き替えも私がやってるの。最近仕事がないのね、あの人が映画に出てくれないから。

木村:でも、純粋な中国系なんですね。そのお名前から「ツレ」という愛称がついたんですね。

出典:http://www.km-jimusho.com/5l/pdf/0701.pdf

とはいえ、中国人は(日本人もですが)、古来よりいろんな民族系統の人たちの血が混じっていると言われますので、純粋な中国系であっても、鳳蘭さんのような顔立ちの人がいても不思議はないかもしれませんね。

次ページ:鳳蘭さんの元夫は医師!娘も美形で現在は?