野際陽子さんと千葉真一さんの長女として知られる真瀬樹里さん。キッズウォーや科捜研の女、キルビルなど数多くの作品に出演していますが、どんな人なのか?

真瀬樹里さんの結婚や本名、真剣佑さんとの関係などについて、経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

真瀬樹里さんのプロフィール

名前:真瀬樹里(まなせ じゅり)
出身地:東京都
生年月日:1975年1月1日
年齢:42歳(執筆時)
身長:164cm
体重:48kg
スリーサイズ:82-60-88
血液型:A型
学歴:日本大学藝術学部演劇学科卒業
現職:女優
所属事務所:レプロエンタテインメント

真瀬樹里さんは1975年東京都生まれ。

父親は世界的なアクション俳優・千葉真一さん。

母親は大女優・野際陽子さんです。

幼いころから両親の撮影現場や舞台に同行し、5歳の時にはすでに女優を志すようになっていたといいます。

そのため、幼少の頃からピアノ、バイオリン、ボイストレーニング、バレエ、日本舞踊、水泳、スキーなど、数多くの習い事を始めています。

幼稚園から雙葉学園に通い、雙葉高等学校を卒業後の1993年に日本大学藝術学部演劇学科に進学。

在学中の1994年に映画『シュート!』でデビューを果たします。

父親の影響で殺陣がうまく、1997年のNHKのテレビ時代劇『寺子屋ゆめ指南』では父親と共演。

また、1998年には島口哲朗さん、河口博昭さんらと殺陣を演じる「剱伎衆かむゐ」を結成しています。

2004年のアメリカ映画『キル・ビルVOL.1』では、父親の千葉真一さんと共に殺陣指導を行うほか、自身も「斬られ役」で出演しており、服部半蔵を演じた父親と「親子共演」を果たしています。

左から栗山千明さん、ジュリー・ドレフュスさん、真瀬樹里さんです。

殺陣を行う役柄以外にも、『科捜研の女』『警視庁捜査一課9係』などのドラマに数多く出演。

また、2017年のテレビ朝日『トットちゃん!』では、母親の野際陽子さんを演じたことが話題になりました。

真瀬樹里さんの本名は?

真瀬樹里さんの本名は「野際樹里」さんというそうです。

母親の姓である野際姓を名乗っているのですね。

父親・千葉真一さんと母親・野際陽子さんは1968年から5年間放送された人気ドラマ『キイハンター』で共演したことがきっかけで、1973年に結婚しています。

その2年後の1975年に誕生したのが真瀬樹里さんでした。

千葉真一さんと野際陽子さんは芸能界きってのおしどり夫婦として有名でしたが、アメリカに拠点を移したい千葉さんと、日本に留まりたい野際さんの意志が対立し、1994年に離婚が成立しています。

離婚成立当時、真瀬樹里さんは19歳で成年に達していませんでしたので、親権は母親の野際陽子さんが持つことになり、以後野際姓を名乗るようになったものと思われます。

次ページ:真瀬樹里さんの結婚は?真剣佑さんとの関係は?病気って?