花田虎上さん、貴乃花親方の2人の横綱の母親として知られる藤田紀子さん。

浮気や不倫、離婚理由や子供の父親についての噂でも知られています。

その噂の内容とは?またその真相は?

藤田紀子さんの経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

藤田紀子さんのプロフィール

名前:藤田紀子(ふじた のりこ)
本名:藤田憲子
出身地:大分県大分市
生年月日:1947年9月7日
年齢:70歳(執筆時)
血液型:A型
学歴:明星学園高等学校卒業
現職:女優、タレント
所属事務所:スペクター・コミュニケーションズ

藤田紀子さんは1947年大分県生まれ。

明星学園高等学校卒業後の1967年に松竹に入社し、女優としてデビュー。『雌が雄を喰い殺す 三匹のかまきり』などの映画に出演します。

藤田紀子さんの転機となったのは21歳のとき、当時19歳だった貴ノ花関(のちの二子山親方)との出会いでした。

手紙で毎日のようにやり取りをしていくうちに、藤田紀子さんは貴ノ花関の達筆に心を動かされ、好意を持つようになったといいます。

そして、1970年に2人は結婚。藤田紀子さんは芸能界を引退します。

なお、文通のこぼれ話として、ある日を境に、それまでとは打って変わってひどい字と文章の手紙が来るようになったそうです。

貴ノ花関に理由を問い質したところ、「代筆していた付き人がやめたから」という返答があったのだとか。

もし最初から汚い字で手紙をくれていたら、好意を持つこともなかったかもしれない、と述懐しています。

よく言われることですが、書く文字の与える印象というのは、これほどにも大きいのですね。

さて、結婚後の藤田紀子さんは、

1971年に長男の花田虎上さん(本名・勝、第66代横綱三代目若乃花)

1972年に次男の貴乃花親方(本名・花田光司、第65代横綱貴乃花)

を出産。

1982年に夫の貴ノ花関が藤島親方(のち二子山親方)に就任して以降、部屋のおかみとして、横綱となる2人の息子のほか、大関・貴ノ浪関、関脇・安芸乃島関、貴闘力関などの名力士の育成を陰で支えました。

2001年に離婚後、芸能活動を再開。日本テレビ『レッツ・ゴー!永田町』、テレビ朝日『鉄道捜査官4 愛と哀しみの飯田線』などのドラマ、『新・演歌の花道』『二代目はクリスチャン』などの舞台で活躍。

2008年には芸名を本名の藤田憲子から藤田紀子に改名。

2012年にはデーブ・スペクターさんが代表を務める「スペクター・コミュニケーションズ」に移籍し、現在に至ります。

藤田紀子さんが浮気?貴乃花が輪島の子?

これはある種、都市伝説的にささやかれていることですが、藤田紀子さんの2人の息子である花田虎上さんと貴乃花親方の父親が、二子山親方ではないという噂があるようです。

噂の根拠というのは、「2人とも父親に似ておらず、藤田紀子さんに近い他の男性に似ている」ということのようです。

具体的には、

花田虎上さんに関しては、その風貌が二子山親方よりもその兄である花田勝治さん(第45代横綱・初代若乃花)に似ていることから、

また、貴乃花親方に関しては、その風貌が若い頃の輪島大士さん(第54代横綱・輪島)に似ていることから、

出てきた噂だと言われています。

この噂の出処はある野球評論家だそうで、講演で「若貴は本当の兄弟じゃない」と口走ったのがきっかけで週刊誌が取り上げ、そこから広まり、定着してしまったのだそうです。

この噂は1995年頃に出てきて以来、現在に至るまでまことしやかにささやかれているようです。

最近でも、藤田紀子さんが2014年1月17日の『ノンストップ!』に出演し、本人の口からこの噂を完全否定するコメントをしたことが話題になりました。

藤田紀子さんは「100%以上の自信がある」と完全否定していますが、次男の貴乃花親方はその性格からこの噂を真に受けていると言われています。

藤田紀子さん自身は、貴乃花親方からの依頼があれば、DNA鑑定も辞さない構えのようですが、現在に至るまで親子で長い間断絶が続いているのだそうです。

この噂、そもそもの出処が出処だけに、信ぴょう性には非常に疑問が残るところです。一刻も早く誤解が解けると良いのですが…

次ページ:藤田紀子さんの離婚理由は二子山親方側に?