3人家族などで知られる栗原小巻さんと言えば、若い頃から美人女優として「コマキスト」と呼ばれる熱狂的なファンを多く擁する名女優ですが、その今現在は?

結婚や旦那、子供など家族は?身長や年齢、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

栗原小巻さんのプロフィール

名前:栗原小巻(くりはら こまき)
本名:同じ
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1945年3月14日
年齢:72歳(執筆時)
血液型:O型
学歴:桐朋女子高等学校中退
現職:女優

栗原小巻さんは1945年東京都生まれ。父親は劇作家の栗原一登さんです。

栗原一登さんは日本大学藝術学部を卒業後、母校の講師を務めていたことがありましたが、当時の同僚だった作家の三浦朱門さんによると、

「二人でも食いかねているのに、子供が生まれる。困ったな、困り切った、というので小巻という名前にした」

のだそうです。

当初はバイオリニストを目指していましたが断念。

桐朋女子高校を1年生のときに中退し、バレリーナを目指して東京バレエ学校に入学します。

同校では、当時来日していたボリショイ・バレエ団のスラミフィ・メッセレルさんの指導を受けます。

スラミフィ・メッセレルさんは日本のクラシック・バレエの基礎を築いたとも言える人物で、後に

  • 本間陽子さん(日本人初のボリショイ・バレエ団ソリスト)
  • 熊川哲也さん(英国ロイヤル・バレエ団史上最年少ソリスト)

などを育成したことで知られています。

スラミフィ・メッセレルさんは日本語を話さなかったため、栗原小巻さんは懸命にロシア語を勉強することになります。

同校にはわずか3年ほどの在籍期間でしたが、栗原小巻さんのキャリアに大きな影響を及ぼすことになりました。

東京バレエ学校で先生から「演技の基礎が必要」と言われたことがきっかけで、同校卒業後の1963年に劇団俳優座養成所に入所。

「花の15期生」と呼ばれた同期には、地井武男さん、夏八木勲さん、前田吟さん、林隆三さん、原田芳雄さん、村井国夫さんなど、そうそうたる顔ぶれが揃っていました。

その後、1964年のNHKドラマ『虹の設計』でデビューしたのを皮切りに、数多くのドラマ、映画、舞台に出演。

特に有名なのは、竹脇無我さんと共演したTBSドラマ枠「木下恵介アワー」の『3人家族』(1968~69年)です。

同作はシリーズ歴代1位の最高平均視聴率を記録。テレビドラマにおける栗原小巻さんの代表作の1つとして著名です。

演技派の美人女優として、吉永小百合さんと人気を二分し、「サユリスト」に対して「コマキスト」と呼ばれる熱狂的なファンを多く獲得。

また、ロシア・旧ソ連との関係も深く、1974年『モスクワわが愛』、1978年『白夜の調べ』、1990年『未来への伝言』などの日ソ合作映画に主演。

『モスクワわが愛』ではボリショイ劇場でバレリーナ役として踊り、特技のクラシック・バレエを披露しています。

ロシア以外にも、1991年の中国映画『乳泉村の子』にも主演し、日本中国文化交流協会代表理事も務めるなど、中国との繋がりも深いことでも知られています。

70代を迎えた現在も、2014年のTBS系『月に行く舟』、2017年のNHK大河ドラマ『直虎』の「於大の方」役などに出演。

また、ロシア文化フェスティバル日本組織委員会副委員長(委員長は自民党副総裁の高村正彦さん)を務めるなど、日ロの文化交流に貢献し続けています。

栗原小巻さんの結婚について

栗原小巻さんの結婚や旦那、子供など家族に関心のある人が多いようですね。

しかし、特に結婚についての情報は出回っていないようです。

吉永小百合さんと人気を二分するほどの大女優ですので、結婚なさっていれば大きく報じられているはずです。

ですので、現在に至るまで独身を貫かれているものと思われます。

栗原小巻さんの身長は?

栗原小巻さんの身長に興味のある人も多いみたいですね。

こちらのシーンを見ると結構大柄のように見えます。

また、こちらに俳優のあおい輝彦さん、脚本家の山田太一さんと並んだ写真がありますが、ほぼ横並びになっています。

あおい輝彦さんの身長が170cmだそうですので、ハイヒールを履いている可能性などを考慮しても、165cmくらいはあるのではないかと推測します。

いずれにしても、この世代の女性としては長身なのではないでしょうか。バレエを踊っている姿も、さぞかし見栄えがしたことでしょうね。

※追記:身長163cm、体重49kgという情報がありました。確かにそのくらいな感じですね。かなりスタイルがいいみたいですね。

以上、栗原小巻さんについてでした!