菊池桃子さん、昔の若い頃も今現在もかわいいと評判ですが、大学教授なんですね。

その菊池桃子さんの結婚、旦那の西川哲さんとの離婚理由、再婚に関すること、子供(長男長女)の学校や名前などについて、年齢や経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

菊池桃子さんのプロフィール

名前:菊池桃子(きくち ももこ)
出身地:東京都品川区
生年月日:1968年5月4日
年齢:49歳(執筆時)
身長:161cm
血液型:B型
学歴:戸板女子短期大学被服科卒業、法政大学大学院政策創造専攻修士課程修了
現職:女優、歌手
レーベル:エピックレコードジャパン
所属事務所:パーフィットプロダクション

菊池桃子さんは1968年東京都品川区生まれ。

元々おとなしい性格だった菊池桃子さんは、芸能界に強い憧れを持ってたわけではありませんでした。

しかし、菊池桃子さんの叔母が経営していた青山の飲食店に、菊池桃子さん一家の写真が飾られていたことがきっかけで芸能界に足を踏み入れることになります。

たまたま来店していた音楽関係者がその写真に写っていた菊池桃子さんを見て興味を持ち、後日スカウトされたのだそうです。

スカウト後、作曲家の神山純一さんのもとでレッスンを受け、ラジオ番組や雑誌への露出を経て、1984年に映画『パンツの穴』でスクリーンデビューを果たします。

そして、同年4月21日にシングル『青春のいじわる』でアイドル歌手としてデビュー。

第26回日本レコード大賞新人賞および日本レコードセールス大賞女性新人賞を受賞。

さらにブロマイドの年間売上が1位、1985年には当時史上最年少の日本武道館公演を実現するという快挙を成し遂げます。

以後、4枚目のシングル『卒業-GRADUATION-』から10枚目の『アイドルを探せ』まで7作連続でオリコン1位となるなど、ヒット作を連発。

1988年頃からは、歌手業から次第に女優業の方へと重点を置くようになります。

以後、女優として数多くのドラマや映画に出演するほか、タレントとして『はなまるマーケット』や『人生の楽園』などバラエティ番組のレギュラーなども務めます。

また、法政大学大学院に進学し、キャリア教育に関する研究で修士号を取得。

母校の戸板女子短期大学の客員教授としてキャリア教育の講義を行ったり、「一億総活躍国民会議」の民間議員に就任するなど、文化人としても幅広く活躍しています。

菊池桃子さんの結婚、旦那、離婚

菊池桃子さんは1995年5月1日、27歳の誕生日の3日前に、プロゴルファーの西川哲さんと入籍します。

馴れ初めは 1993年の『フジサンケイクラシック』のプロアマ戦で一緒にラウンドを回ったことから。

婚約自体は1994年8月8日に行われ、翌年4月24日に結婚式が予定されていましたが、直前の3月3日に突如無期限延期が発表。

理由としては、婚約後の西川哲さんのゴルフの戦績が振るわず、父親の西川幸男さんの怒りを買ったこと、父子の確執などが取り沙汰されました。

そのことを気に病んだ菊池桃子さんは心労により十二指腸潰瘍穿孔を患い、大量に吐血。

その容態を案じた西川幸男さんは、2人の入籍だけは認めることになりました。

ただ、結婚式については、西川哲さんがゴルフで結果を出すまではお預け、という条件付きでした。

この一連の出来事の後、西川哲さんは一念発起し、1995年7月の「日経カップ 中村寅吉メモリアル」では見事優勝を果たし、結婚式の挙式が実現。

結婚後、1996年に第一子となる長男を、2001年に第二子となる長女が誕生します。

結婚生活は順風満帆かに思われましたが、2012年1月28日、菊池桃子さんは事務所を通じて離婚を正式に発表しました。

次ページ:菊池桃子さんの離婚理由は?子供の学校、障害について。再婚するの?