綾戸智恵さんと言えばテネシーワルツや難病の息子、認知症の母親の介護、乳がんの病気のことが話題です。

息子さんはコーヒー焙煎の仕事をなさっているそうですね。

その綾戸智恵さんについて、結婚、離婚、旦那や経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

綾戸智恵さんのプロフィール

名前:綾戸智恵(あやど ちえ)
本名:同じ
別名:綾戸智絵(あやど ちえ)
出身地:大阪府大阪市阿倍野区
生年月日:1957年9月10日
年齢:60歳(執筆時)
身長:147cm
学歴:明浄学院高等学校卒業
現職:ジャズシンガー

綾戸智恵さんの結婚、旦那、離婚

綾戸智恵さんは17歳でアメリカに渡り、ニューヨークでゴスペルクワイアのメンバーとして活躍。

そして、とある教会で知り合ったアフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン男性と結婚しました。

結婚後はブロンクスで暮らし、ピアノや日本料理の先生をしたり、商社の奥さんに英語を教えたりなど、順調な結婚生活を送っていたといいます。

しかし、結婚して1年過ぎた頃から、それまで明るくて誰からも好かれていた旦那さんが変わっていき、すれ違うようになります。

そして、いわゆるDVを受けるようになったのだそうです。

このままでは身体を壊してしまうと思った綾戸智恵さんは妊娠中に離婚を決意。

1990年10月31日に息子のイサ君を出産します。

息子が飛行機に乗れる6ヶ月になるまで、DVに怯える結婚生活を何とか乗り切り、ようやく離婚。

息子を連れて日本に帰国します。

なお、離婚の際は慰謝料も養育費もなかったそうです。本当にほうほうの体で逃げ出した、という感じなのでしょうね。

綾戸智恵さんの病気は乳がんだった

綾戸智恵さんは、アメリカ滞在中に乳がんが発覚し、1987年に摘出手術を行っています。

その後結婚、離婚を経て帰国しますが、乳がんが再発。今度は肝臓への転移もあったといいます。

そして、抗がん剤の副作用と闘いながら闘病を続け、見事克服したのだそうです。

現在は抗がん剤の服用はしておらず、現時点では再発も見つかっていないとのことです。

闘病中は抗がん剤のせいで声帯にポリープができ、歌い続けることが困難だったといいます。

それでも地道に歌手活動を続け、1998年、40歳にしてついにメジャーデビューを果たしました。

育児もあり、歌の仕事もこなす中でがんと闘い、打ち勝って、さらにメジャーデビューを果たすなんて凄いですよね。

小さい身体に強靭な精神力を秘めてられていることが改めて分かりますよね。

次ページ:綾戸智恵さんの息子イサさんの難病とコーヒー店、母親の認知症と介護について