横山やすしさんとのコンビで一世を風靡した西川きよしさん、数々のギャグや伝説エピソードが有名ですが、その子供たち(息子、長男次男、娘)はどんな人なのか?

次男が巻き込まれた事件や娘の離婚などに関心が集まっているようですが…

西川きよしさんの簡単なwikiプロフィールとともに調べてみました。

西川きよしさんのプロフィール

名前:西川きよし(にしかわ きよし)
本名:西川潔(にしかわ きよし)
出身地:高知県高知市(大阪府大阪市育ち)
生年月日:1946年7月2日
年齢:71歳(執筆時)
身長:165cm
血液型:O型
学歴:大阪市立三稜中学校卒業
現職:タレント、俳優、芸人
所属事務所:吉本興業

西川きよしさんの長男・西川忠志さん

西川きよしさんは中学卒業後、吉本新喜劇に研究生として入団し、19歳のときに同劇団のマドンナだった西川ヘレンさんと結婚し、2男1女をもうけています。

長男は俳優の西川忠志さんです。

西川忠志さんのプロフィール

出身地:大阪府堺市
生年月日:1968年4月20日
年齢:49歳(執筆時)
血液型:O型
学歴:雲雀丘学園高等学校、玉川大学文学部卒業
現職:俳優
所属事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

西川忠志さんは1968年生まれ。

両親が著名人のため、幼少の頃から自宅にテレビ取材がよく来ており、「ピアノを弾く長男」として有名でした。

玉川大学に在学中の1988年にドラマ『愛の劇場・心変わり』でデビューし、以後テレビドラマを中心に映画、舞台などに数多く出演。

2006年の両親を描いたドラマ『ドラマ・コンプレックス・ヘレンときよしの物語』では、父親である西川きよし役を演じています。

また、2009年には、父親の所属する吉本興業に移籍し、吉本新喜劇に入団し、喜劇役者としても活動するなど、幅広く活躍しています。

西川忠志さんの性格が面白い!?

西川忠志さんで有名なエピソードとしては、「度が過ぎた真面目」というものがあります。

一般に、役者は舞台本番前のメイクで油性の白粉である「ドーラン」を顔に塗るのですが、西川忠志さんの場合は、その塗り方が徹底していて、

顔の隅から隅まで、耳の穴の中にまで

塗りたくるのだそうです。

理由を尋ねると、「ドーランと顔の色の境目がお客さんに見えたらいけない」という非常に生真面目な回答が。

他には、ロケ番組で、道行く人たちに一人一人挨拶をして回るほどの礼儀正しさなのだとか。

こんなに真面目で大丈夫なのか、というくらい真面目ですが、その真面目さが逆に関西圏では大受けなのだそうです。

なお、吉本新喜劇では、せりふや父親・西川きよしさんのモノマネなどを共演者にからかわれた時に、

「パパに言うぞ~」

と脅す?ギャグをお持ちなのだとか。

西川忠志さんの真面目な風貌とキャラクターでつぶやいたら、独特のおかしみがありそうですね。

次ページ:西川きよしさんの次男・西川弘志さんの事件って?娘・西川かの子さんの結婚と離婚。