泉ピン子さんと言えば、おしん、渡鬼など、橋田壽賀子さんの数々の名作ドラマで知られていますが、どのような人なのか?

大分出身の医師の旦那さんに浮気や婚外子が?

泉ピン子さんの若い頃や年齢、本名、学歴、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

泉ピン子さんのプロフィール

名前:泉ピン子(いずみ ぴんこ)
本名:武本小夜(たけもと さよ)旧姓江口
出身地:東京都中央区
生年月日:1947年9月11日
年齢:70歳(執筆時)
身長:154cm
血液型:B型
学歴:日本音楽高等学校中退
現職:女優
所属事務所:pi企画株式会社

泉ピン子さんは1947年東京都生まれ。父親が浪曲師の広沢竜造さんで、母親も浪曲師という家でしたが、2歳の時に母親と死別します。

その後父親が浪曲師の三門お染さんと再婚。

以後、泉ピン子さんは継母に育てられますが、小学生4年生の時に近所の人に告げられるまで、そのことを知らなかったといいます。

日本音楽高等学校を中退後の1966年には牧伸二さんに師事し、「三門マリ子」の芸名で歌謡漫談家としてデビューします。

その後、1975年に日本テレビ『テレビ3面記事 ウィークエンダー』のリポーターを担当したのを機に「泉ピン子」と改名。

ちなみに芸名の由来は、泉ピン子さんによると、「泉」については、

  • 以前、駆け出しの前座歌手の頃に「泉小百合」と名乗っていた
  • 牧伸二さんに「過去に泉という名前で売れた芸能人がいないので、お前で試す」と言われた

また、「ピン子」については、

  • 芸能人になることを反対していた父親から「芸人にはピンからキリまであるのだから、志しの一番なピンの芸人になれ」と言われた
  • 顔が丸くて麻雀牌のイーピンみたいだから

ということなのだそうです。

その改名の年である1975年に、TBSの演出家である鴨下信一さんに誘われ、ドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。

以後、女優としての活動を本格化させ、1980年には『手ごろな女』でドラマ初主演を果たします。

泉ピン子さんをとりわけ有名にしたのは、1983年から84年にかけて放映されたNHK連続テレビ小説『おしん』の母親役でした。

この出演を機に、脚本を担当した橋田壽賀子さんの作品に数多く出演するようになります。

特に1990年に始まった『渡る世間は鬼ばかり』シリーズは、泉ピン子さんの安定した演技力を見せる代表作の1つとして、とても良く知られています。

泉ピン子さんの若い頃の画像

泉ピン子さん、今でこそ貫禄たっぷりの大御所女優という雰囲気ですが、若い頃の意外な?姿が話題のようです。

こちらは1979年の映画『関白宣言』のときの泉ピン子さんです。32歳くらいですね。

75年にドラマに初出演した時には、演出の鴨下信一さんに、

「美人でなく、知的でもなく、金もない“3ナイ女優”を探していた」

なんてことを言われていたのだそうですが、色っぽい雰囲気がありますよね。

ネット上でも、

・意外に色っぽくてビックリ

・そんなに綺麗じゃないけど色っぽい

・意外に綺麗でイケてる

など、「綺麗」「色っぽい」という声があがっているようです。

次ページ:泉ピン子さんの夫・竹本憲重さんと子供について