高橋克典さん、50歳を過ぎてもカッコイイままで素敵ですよね。

その高橋克典さんの父親と母親、妻・中西ハンナさんや子供など家族について、高橋克典さんの身長や経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

高橋克典さんのプロフィール

名前:高橋克典(たかはし かつのり)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1964年12月15日
年齢:52歳(執筆時)
身長:175cm
体重:68kg
血液型:O型
学歴:青山学院初等部・青山学院中等部・高等部卒業、青山学院大学経営学部中退
現職:俳優
所属事務所:ケイダッシュ

高橋克典さんは1964年神奈川県横浜市生まれ。

父親が音楽教師、母親が声楽家という家庭に生まれ、自身も3歳からピアノの英才教育を受けます。

青山学院初等部に入学し、中等部、高等部へ進学。

本格的に俳優業を始める以前の1980年(高等部に在学中)、フジテレビの学園ドラマ『ピーマン白書』に高校生役で出演しています。

なお、高校時代は1年後輩に尾崎豊さんがいて、尾崎豊さんの自作の曲を音楽サークルの部室で聴かされたことを度々回想しています。

歌手としては1993年に『抱きしめたい』(日本テレビ『いつみても波瀾万丈』ED曲)でデビュー。

俳優としては当初脇役として活動していましたが、のちにドラマでも映画でも、主役を多く演じるようになります。

特に、『サラリーマン金太郎』の矢島金太郎役、『特命係長・只野仁』の只野仁役などは高橋克典さんの当たり役として知られています。

現在も、俳優として以外にも、NHK『らららクラシック』司会、BSジャパン『ワタシが日本に住む理由』司会、bayfmのラジオ番組『GROOVIN’ ON THE ROAD』、また2016年にはアルバム『SINGS~Cover Theme Songs~』をリリースするなど、バラエティ番組やラジオパーソナリティ、アーティストとして幅広く活躍しています。

高橋克典さんの親戚に梅宮辰夫さん

高橋克典さんは、あの梅宮辰夫さんと親戚なのだそうです。高橋克典さんの母親の従兄弟にあたるのだとか。

梅宮辰夫さんの娘・梅宮アンナさんと姪・梅宮万紗子さんは再従姉妹(はとこ)になります。

こちらは梅宮万紗子さんです。北川景子さん似の、綺麗な人ですね。

その縁でしょうか、高橋克典は梅宮辰夫さん・梅宮アンナさんとは『只野仁』で、梅宮万紗子さんとは『金曜日の恋人たちへ』『サラリーマン金太郎2』で共演しています。

なお、梅宮アンナさんとはバラエティ番組などでも共演しており、「かっちゃん」と呼ばれて親しまれているみたいですね。

高橋克典さんの両親の経歴が波乱万丈。妻・中西ハンナさんが病気?離婚?子供の学校は?