キッチュこと松尾貴史さんと言えば折り紙やイラストをはじめ、多才な活動で知られていますが、その今現在は?

また、韓国やカレー、コナンとの関係は?

結婚、妻や子供など家族、高校大学、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

松尾貴史さんのプロフィール

名前:松尾貴史(まつお たかし)
本名:岸邦浩(きし くにひろ)
出身地:兵庫県神戸市生田区
生年月日:1960年5月11日
年齢:57歳(執筆時)
身長:176cm
血液型:B型
学歴:大商学園高等学校、大阪芸術大学デザイン学科卒業
現職:タレント・ナレーター・DJ・俳優・コラムニスト
所属事務所:古舘プロジェクト

松尾貴史さんは1960年兵庫県神戸市生まれ。

高校卒業後、大阪芸術大学芸術学部デザイン学科に進学。

在学中から、アニメーション作品の吹き替えや、舞台ナレーション、学生バンドのコンサート司会、ディスコ「クレオ・パラッツィ」のDJやラジオ・テレビCMのナレーションなどの活動を行うようになります。

大学卒業後の1984年にディスコ「クレオ・パラッツィ」でスカウトされ、大滝エージェンシーに所属。

テレビ朝日の『ザ・テレビ演芸』で「キッチュ」の芸名でタレント活動を開始します。

なお、キッチュ(kitch)というのはドイツ語の美術用語で「低俗なもの、悪趣味なもの、陳腐なもの」などを意味するのだそうです。

1989年に古舘プロジェクトに移籍し、芸名を「松尾貴史」に改めます。

以後、テレビや舞台、映画、エッセイ、コラム、イラスト、折り紙など、極めて多彩な活動を展開しています。

現在は京都造形芸術大学の客員教授に就任し、またカレー店「般゜若(ぱんにゃ)」を経営する実業家でもあります。

松尾貴史さんとコナン

松尾貴史さんは、1996年のアニメ名探偵コナン『テレビ局殺人事件』に本人役として出演しています。

なんかワルそうな面構えですね(^_^;)

劇中ではアニメプロデューサーを射殺した設定なのですね。マーダー(殺人)って(^_^;)それでこんな悪役ヅラ(失礼)だったのですね。

松尾貴史さんとカレー

松尾貴史さんは俳優やタレントや文化人として、実に多才な人ですが、さらに実業家という側面もあります。

子供の頃からのカレー好きが高じて、2009年3月に下北沢でカレー店「般゜若(ぱんにゃ)」をオープン。

開店するにあたって、カレーの名店である恵比寿『bar まはから』の店主・渡辺理さんと2人で3年かけてレシピを共同開発してきたという筋金入りです。

(なお、現在『bar まはから』は閉店しており、渡辺理さんは「般゜若」の店長をなさっているとのことです。)

店舗は7坪ほどの元古着屋を改装したもので、カウンター11座席とこじんまりとしていますが、内装は松尾貴史さんご自身が手掛け、自作の折り紙などが飾られています。

松尾貴史さんの個性のあふれる、アットホームな居心地の良い空間になっていると好評のようですね。

その後、2012年に大阪・新福島に2号店を出店しています。

女性客を意識しているようで、女性客が1人でも入れる店内の雰囲気に加え、ルーに小麦粉を使わず、また使用する肉や油を軽めにすることで、女性にも気軽に食べられるように工夫しているのだとか。

美味しそうですね。見た目にもおしゃれで、確かに女性受けしそうな感じで、松尾貴史さんの美的センスがうかがえます。

次ページ:松尾貴史さんと韓国の関係、結婚、妻、子供について