服飾評論家・市田ひろみさん、その軽妙で柔らかい語り口から、緑茶CMなどで「お茶のおばさん」として親しまれましたが、その今現在は?

また、若い頃の美人女優時代にも興味があります。

その市田ひろみさんについて、美容室、着付け教室、結婚や経歴wikiプロフィールとともに調べてみました。

市田ひろみさんのプロフィール

名前:市田ひろみ(いちだ ひろみ)
出身地:大阪府
生年月日:1932年7月10日
年齢:85歳(執筆時)
血液型:A型
学歴:京都府立大学女子短期大学部国文科卒業
現職:服飾評論家、エッセイスト

市田ひろみさんは1932年大阪府生まれ。

幼少期は上海で過ごし、1945年に帰国。一家は京都に居を構えます。

市田ひろみさんは堀川高等学校に進学。スポーツ万能だったようで、陸上部に所属し、円盤投げや短距離走、砲丸投げで何度もインターハイに出場経験があったそうです。

京都府立大学女子短期大学部に進学し、卒業後はヤンマーディーゼルに入社。技術部長の秘書として社会人生活をスタートさせました。

当時から美人の呼び声高く、会社の新製品の広告モデルなどを務めることも多かったのだそうです。

当時は女性は学校を出たらすぐに結婚するもの、という時代だったこともあり、会社から帰宅後、毎日のようにお茶やお花、洋裁、英語などの多くの習い事をしていたのだとか。

ある日のこと、お茶の先生に誘われて、時代劇の撮影風景を見学しに行ったことが転機となりました。

実は、先生は、市田ひろみさんを見学にではなく、女優としての面接に連れて行ったのでした。

その結果、見事大映ニューフェイスの第10期生として合格。

周囲の人たちは皆大反対したそうですが、市田ひろみさんは女優になることを決意。大映と専属契約を結び、数多くの映画に出演します。

京マチ子さん、若尾文子さん、山本富士子さんら往年の名女優たちと共演し、その美貌から「和製ソフィア・ローレン」と称されます。

市田ひろみさんの若い頃の女優時代が超美人!

市田ひろみさんの若い頃はどのような感じだったのでしょうか?和製ソフィア・ローレンというくらいなので、さぞかし美人だったことと思われます。

ソフィア・ローレンの若い頃の姿はこちらです。

こちらが若い頃の市田ひろみさんです。

日本人離れした風貌ですね。確かにスゴい美人です。和風ソフィア・ローレンの異名はダテじゃないですね。山本富士子さんら往年の超美人女優と並んでも遜色はなかったでしょうね。

次ページ:市田ひろみさんが女優から転身!現在は?美容室、着付け教室など